アップル最新iPadが「日本の教育」を変えるワケ

安心して学習が続けられるインフラになる

9月18日に発売されたiPad(第8世代)。Apple純正やロジクールなどのアクセサリーでキーボードが利用できるほか、Apple Pencilにも対応する(写真:アップル基調講演ビデオより)

アップルはアメリカ時間9月15日のオンライン発表会で、Apple Watch、iPadの製品群の刷新を発表した。中でも注目すべきは、税別3万4800円~という価格に設定された第8世代となるiPadだ。

10.2インチRetinaディスプレーとホームボタンを前面に持つ、2010年の初代iPadを彷彿とさせるデザインに、Apple PencilやSmart Keyboardなどのオプションを利用でき、タブレットとしてだけでなく、パソコンとしての役割も果たすようになる。

第7世代iPadにはA10 Fusionというプロセッサーが搭載されており、これは2016年9月に発売されたiPhone 7と同じチップを搭載していた。第8世代になると、それまでiPad Airに同時搭載されてきたA12 Bionicが採用され、性能はプロセッサーで40%、グラフィックスで30%向上したという。

新型iPadで重要になるのは「性能」

iPad(第8世代)は価格が据え置かれ、32GBのWi-Fiモデルで3万4800円、教育機関向けには3万2800円で販売される(いずれも税抜)。

アップルのアピールは、その性能だ。その心臓部に埋め込まれているのは、iPhone XSにも搭載されていたA12 Bionicだ。

2018年発売のiPhone XSにも採用されたA12チップを採用し、同価格帯の教育向けPCよりも高い処理性能をアピールする(写真:アップル基調講演ビデオより)

プレゼンテーションの中で、一般的なエントリーレベルのWindows PCの2倍、Androidタブレットの3倍、Chromebookの6倍の性能であるとアピールした。なぜこんな文言を入れたのか。それはiPad(第8世代)が、学校への導入や家庭での学習用と位置づけられており、前述の比較対象はそうした市場における競合だからだ。

新型コロナウイルスの感染防止のため、オンライン学習がより取り入れられるようになり、世界中で学習向けの端末の需要が高まっている。アップル自身も2020年第3四半期決算で、iPadの売上高を前年同期比31%成長させ、手応えをつかんだばかりだ。

次ページ補助金額の4万5000円に収まる
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT