アップルの新戦略、ユーザーはどうすべきか?

Macはインテルから「独自チップ」搭載へ移行

基調講演でアップルシリコンへの移行を発表するアップルCEOティム・クック氏(画像:アップル公式YouTubeより)

アップルはアメリカ時間6月22日、世界開発者会議(WWDC20)を開催した。新型コロナウイルス対策として、例年カリフォルニア州サンノゼで開催していたイベントは、すべてオンラインで、無料公開されることとなった。

アメリカ太平洋夏時間6月22日午前10時(日本時間6月23日午前2時)に基調講演が行われた。これまでは6000人以上の開発者を前にしたステージだったが、今回はアップルの本社であるApple Parkで事前に収録された、作り込まれたプレゼンテーションが展開された。

おなじみのスティーブ・ジョブズ・シアターだけでなく、フィットネスセンターでも収録されており、今まであまり明らかにされていないApple Park内部の様子を知ることができる。

今回の基調講演では、iPhone、iPad、Apple Watch、Apple TV、Macといった各製品向けのソフトウェアが刷新され、どんな体験を作り出すのか、大きな方針が明らかとなった。

なお、基調講演のビデオは、すでにYouTubeに掲載されている。

衝撃の「アップルシリコン」

今回の基調講演で最も重要な発表は、アップルのコンピュータ製品である「Mac」が、アップルが独自に設計するチップへ、2年かけて移行すると明らかにした点だ。2020年から2年かけて独自設計の「アップルシリコン」へ移行する計画であると明かし、2020年中にアップルシリコン搭載のMacを発売するとした。

これまでMacでは、Windows、Linuxを含め幅広いパソコンの心臓部を担っている「インテルチップ」を採用してきた。当初アップルは、IBMやモトローラと共同開発した「PowerPC」をMacに用いてきたが、2006年、省電力化と性能向上のバランスを求めて、インテルへ移行。

インテル採用によって実現され、現在のMacの象徴的な存在となった超薄型モバイルノート、MacBook Airは現在でも最も出荷台数の多いMacとして親しまれている。

次ページその一方で…
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。