中国人が逃げられない、「戸籍格差」の現実

これが「努力しても報われない」の実態だ

中国には、どれだけ努力をしても乗り越えられない「格差」がある(写真:masaya / PIXTA)

同等の学歴を持つ女性2人の「明暗」

「正直いって生活はカツカツなんです。OLとしては多めの給料だと思うんですが、家賃も高いし。給料は上がらないのに、家賃が上がり、物価もどんどん上がっていって……。この先、私の人生どうなるのかと思うと、不安でなりません」

上海で働く35歳のOL、徐さんはがっくり肩を落とす。徐さんは内陸にある河南省の農村出身。幼い頃から成績優秀で、苦学の末に上海の名門、復旦大学を卒業。その後、日本の有名国立大学の大学院に進学し、工学を学んだ。日本での数年間のOL生活を経て、上海の大手日系企業に職を得た。

彼女の月給は1万元(約20万円)と、待遇は悪くない。しかし、この春からこれまで2800元(約5万6000円)だった家賃が一気に500元(約1万円)も値上がりすることがわかり、青ざめた。このまま給料が上がらず、家賃や物価がどんどん上昇するかもしれない、ということに強い不安感を覚えたのだ。まだ結婚はしていない。

お昼は手作りの弁当を持参するなど、生活は質素だ。大学時代の友人は何人かいるが、農村出身の友人たちは田舎に帰ってしまった。そのため、悩みを打ち明けられる友人は周囲には少ない。春節のときは飛行機代を節約し、汽車に十数時間揺られて帰省。両親にお年玉まであげてくるという親孝行な娘だ。大都会、上海で孤独に耐えながら、必死に生きている。

一方、同じ高学歴女性でもまったく違った人生を歩む人もいる。45歳の謝さんは、上海生まれ上海育ち。徐さんと同じ復旦大学で経済を学んだ後、中国の大手銀行に入社。今は月給3万元(約60万円)をもらう中間管理職となっている。

次ページボーナス1200万円!
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。