日本人より優雅?定年後中国人の「懐事情」

爆買いする中国人はいかにして生まれたか

中国の定年後世代は、日本のシニアよりリッチだった?!(写真は、上海の人民公園でベンチに腰掛ける老人夫婦)

富裕層でなくても、夫婦で年金28万円!

「この年になってね、つくづく思うんですよ。私、今が人生でいちばん幸せなときなんじゃないかな~って」

上海在住の元大学教授の女性、張さん(63歳)は郊外のフードコートにある低価格のカフェで18元(360円)のジュースを私にごちそうしてくれながら、こう語りかける。

すでに定年退職し、仕事は週に2回の非常勤講師だけ。1講義あたり200元(約4000円)はもらえる割のいいバイトだ。それ以外は、新聞などでチェックした無料の健康講座に参加したり、夫や元同僚らと連れ立って近郊の農村の民宿に1泊で小旅行するくらい。あとは読書をしたり、休日に娘夫婦と会食したりする静かな日々だ。数年間介護していた母を昨年看取り、ようやく穏やかな日々を過ごせるようになった。

彼女の年金額は月額7000元(約14万円)。今年は昨年より200元くらいアップしたという。夫の年金もほぼ同額なので、夫婦合わせた年金額は、日本円にして28万円ほど。自宅は大学の元宿舎を10年以上前に格安で購入、そのまま住んでいるので住宅ローンはない。

近場の民宿に泊まる旅行は1回150元(約3000円)もかからず、食費も近くの市場で野菜や肉を買うだけなので、たいした金額にはならない。年に1回は娘夫婦と4人で海外旅行をしているのに、おカネは使いきれず、年金はかなり手元に残るという。上海市中心部のちゃんとしたレストランに食事に行けば、1人300元(6000円)は下らないほど物価は高いが、「人ごみが苦手なので、そういうところにはめったに行かない」そうだ。

次ページ特権階級でなくてもこの暮らし!
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?