日本人より優雅?定年後中国人の「懐事情」

爆買いする中国人はいかにして生まれたか

中国の定年後世代は、日本のシニアよりリッチだった?!(写真は、上海の人民公園でベンチに腰掛ける老人夫婦)

富裕層でなくても、夫婦で年金28万円!

「この年になってね、つくづく思うんですよ。私、今が人生でいちばん幸せなときなんじゃないかな~って」

上海在住の元大学教授の女性、張さん(63歳)は郊外のフードコートにある低価格のカフェで18元(360円)のジュースを私にごちそうしてくれながら、こう語りかける。

すでに定年退職し、仕事は週に2回の非常勤講師だけ。1講義あたり200元(約4000円)はもらえる割のいいバイトだ。それ以外は、新聞などでチェックした無料の健康講座に参加したり、夫や元同僚らと連れ立って近郊の農村の民宿に1泊で小旅行するくらい。あとは読書をしたり、休日に娘夫婦と会食したりする静かな日々だ。数年間介護していた母を昨年看取り、ようやく穏やかな日々を過ごせるようになった。

彼女の年金額は月額7000元(約14万円)。今年は昨年より200元くらいアップしたという。夫の年金もほぼ同額なので、夫婦合わせた年金額は、日本円にして28万円ほど。自宅は大学の元宿舎を10年以上前に格安で購入、そのまま住んでいるので住宅ローンはない。

近場の民宿に泊まる旅行は1回150元(約3000円)もかからず、食費も近くの市場で野菜や肉を買うだけなので、たいした金額にはならない。年に1回は娘夫婦と4人で海外旅行をしているのに、おカネは使いきれず、年金はかなり手元に残るという。上海市中心部のちゃんとしたレストランに食事に行けば、1人300元(6000円)は下らないほど物価は高いが、「人ごみが苦手なので、そういうところにはめったに行かない」そうだ。

次ページ特権階級でなくてもこの暮らし!
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。