なぜ中国人は日本で「便座」を爆買いするのか

来日して買っていく商品第3位!

中国人はなぜ温水洗浄便座を日本で”爆買い”するのか?(写真は、都内の家電量販店の免税品売り場)

「中国語の表示もあるしさ~、やっぱりこの便座がいいんじゃない? いちばん売れているっていうし。お父さんも欲しいって前から言っていたでしょう? 友だちの陳さんちにだってあるんだよ~」

お花見シーズンも終わり、中国人の「爆買い」も一段落したかに思えた4月中旬の週末。午後8時ごろ、都内の家電量販店の免税品売り場をのぞいてみると、レジの周辺は黒山の人だかりとなっていた。

春節で売れたもの第3位が「便座」!

特に混み合っていたのは温水洗浄便座のコーナーだ。通常は量販店の上のフロアにある同コーナーと比べて、ここには見本が数台しか置いていないのに、数組の夫婦や家族連れがひしめき合い、「便座」について熱く語り合っている。冒頭のように、購入に意欲を燃やす妻が夫を説得しているところを偶然見掛け、私は「やっぱり、中国人観光客が日本の温水洗浄便座を爆買いしていくというのは、本当だったんだ!」と思わずひざを打ち、にんまりと笑みがこぼれてしまった。

今年の春節、中国人の「爆買い」が日本のメディアでも大注目された。春節期間中に来日した中国人は約45万人と史上最多。この期間の消費金額は約60億元(約1140億円)と、とんでもない数字だったが、微博(中国版ツイッター)などの調査によると、中でも売れた商品のベストスリーは①医薬品、②化粧品、③温水洗浄便座、の順だった。

医薬品や化粧品は1万円以下で買えるものがほとんどだが、温水洗浄便座は金額が張るものでもあり、飛行機に乗せて持ち帰るには大きすぎる。なぜ、彼らはこんなものをわざわざ買って帰るのか? 新著『なぜ中国人は日本のトイレの虜になるのか?』(中公新書ラクレ)でも取り上げたが、中国人が日本で温水洗浄便座を買って帰る動機や心理、その背景にある中国人の暮らしぶりについて知りたくなり、私は中国と日本で取材を続けてきた。ここではその一端をご紹介したい。

次ページなぜパナソニック製が売れるのか?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT