なぜ中国人は日本で「便座」を爆買いするのか

来日して買っていく商品第3位!

今年2月、中国の人民日報で日本の温水洗浄便座の人気ぶりについて取り上げている文章があった。そこには「消費者は国内製品では満足を得られていない」とあり、「日本を見習い、われわれは技術革新を重視すべきだ」と、日本を持ち上げる異例の内容が書かれていた。

中国人だって、汚いトイレに困っている

振り返って、母国・中国での日々の暮らしは「ストレスの塊」(日本在住経験のある中国人の友人)だ。中国での生活の不便さを上げ出したら切りがないが、中でも最もストレスのたまる場所が“トイレ”だ。

上海の4つ星ホテルのトイレ。比較的きれいだが、温水洗浄便座はまだ設置されていない

特に公共の場(地下鉄駅構内やショッピングセンターなど)のトイレは鍵が壊れている、流れが悪い、洗面台の水が出ない、トイレットペーパーがない、床が水浸し……等々、その汚さには“定評”がある。

最近、北京や上海ではものすごい勢いで、公共トイレも整備されてきてはいるのだが、地方都市にいけば、中国人でも我慢ならないほどだ。

中国人はあんなトイレでも平気なの?と聞いてみると、彼らも顔をしかめながら首を横に振る。彼らは家のトイレはとてもきれいにしてあり、公共トイレが汚い分、せめて家庭のトイレでは快適に過ごしたいと思っているのだ。そうしたこともあって、日本で売っている日本製の温水洗浄便座を買って帰るのである。

2010年、中国はGDP世界第2位の国になったが、日々の暮らしやソフト面では、まだとても日本には追いつけないし、「おカネはあってもモノが買えない」いらだちやストレスを抱えている。そんな中国人の心の裏側は、なかなか日本には伝わらない。富裕層であっても、内心では日本にあこがれ、日本人のような生活がしたいと思っているのだ。

そんな中国人を突き動かしているのが、昨今の「爆買い」現象なのであり、日本の暮らしの象徴的存在が、温水洗浄便座なのである。

 

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 内田衛の日々是投資
  • はじまりの食卓
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号から厳選<br>伸びる会社を探せ!

6月18日発売の『会社四季報』3集夏号で、3700社を超える上場企業から収益力の高い企業を掘り起こす。独自予想データを基にしたランキングは、連続増益、会社計画との乖離率、最高益更新率、連続増配、ネットキャッシュなど6テーマ。