なぜ中国人は日本で「便座」を爆買いするのか

来日して買っていく商品第3位!

免税品コーナーに置かれていたTOTO製は2万円前後だったが、1万円超の変圧器を加えると、3万数千円になる。中国語表示もあるパナソニック製より2万円以上も安いので、迷った結果、こちらを購入していく顧客もいるという。

しかし、TOTOによると、「日本と違い、中国では電流が安定していないので、変圧器の使用はあまりお勧めしていません。中国で、変圧器を使って当社製品を使用していただいて、もし何か問題が起きれば、当社へのクレームにつながる可能性がありますので……」と消極的だ。温水洗浄便座といえば、これまでTOTOというイメージが強かったが、意外にも、TOTOは中国人の「爆買い」の恩恵には、それほど(?)あずかっていないのかもしれない。

なぜ重い便座を、わざわざ日本で買う?

むろん、中国にもTOTOやパナソニックの拠点はあるのだが、中国人観光客の声に耳を傾けてみると、日本に観光に来てまで、わざわざ便座を買うのには、それなりの “理由”がある。

「別に私たちはメイド・イン・チャイナでもかまわないんですよ。日本人が厳格に品質管理した商品で、パッケージに日本語が書いてあって、日本のきちんとした店で正式に販売されているというところに“価値”があるのです。

便座の仕様が日本語であっても、使い方はだいたいわかるし、それはそれで、『確かに日本で買った』というステータスと希少価値になるでしょ? 中国に持ち帰ったとき、みんなに自慢できちゃう。だから、私たちは“日本で”便座を買って帰るんですよ」(中国人観光客)。

なるほど。重たい思いまでして便座を買って帰るのには、そういう理由もあったのか。

日本企業の厳しい管理をクリアした商品であれば、中国製であっても大丈夫だと中国人は信じている。逆に言えば、たとえメイド・イン・ジャパンであっても、中国国内で販売されているものを中国人は信用しない。もしかしたら、「ニセモノではないか」「品質が悪いのではないか」、はたまた「見た目は同じでも、日本国内で売られているものとは違う二級品なのでは?」と疑ってしまうからだ。それほどまでに中国人は日本国内で販売されている製品、そして日本人のモノづくりに全幅の信頼を置いている。

次ページ中国人も、汚いトイレに困っている
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • トランプ派メディアの実態
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
過熱! プログラミング教室<br>2020年度小学校必修化迫る

公教育への導入を目前に、プログラミング教室が急成長を遂げている。学習塾やIT企業だけではない。家電量販店や玩具メーカー、鉄道会社など異業種からも続々参入、供給過剰感も強まる。講師不足という問題も深刻に。