(第63回)貿易収支はこれから大きく悪化する

(第63回)貿易収支はこれから大きく悪化する

貿易統計の速報によれば、3月の貿易収支黒字は前年同月比で78・9%の減少となった。輸出が2・2%減、輸入が11・9%増なので、収支を悪化させた主たる原因は、輸出の減少ではなく輸入の増加である。これは資源価格が高騰したためである。実際、原油の輸入は数量では6・6%減少したのに、輸入額は14・8%増となっている(つまり、価格が23%程度上がっているわけである)。輸出の減少は、いうまでもなく東日本大震災による生産活動の停止・減少の影響だ(自動車が27・8%減、半導体が6・9%減などとなっている)。

輸出の減少と輸入の増加というこの傾向は、今後、さらに拡大するだろう。事実、3月11日以降だけを見れば、輸出は前年同月比で9・7%減となっている。今後、火力発電増強の影響で、LNG(液化天然ガス)や原油の輸入が増加するだろう。大震災の影響は、3月の貿易収支にはまだ完全には表れていない。

では、その影響が表れる4月の貿易収支は、どのような姿になるだろうか? これに関する一つの試算を左ページの表に示した。

まず、3月下旬の輸出の落ち込み率を参照して、4月の輸出額が昨年4月より9・7%落ち込むと仮定すれば、5兆3184億円となる(表の(1))。

他方で、火力発電への代替によって、原油の輸入量が増加するだろう。どの程度増加するかを見極めがたいので、ここでは前年と同量としよう(つまり、3月に比べれば増加するわけである)。そして、価格が3月と同水準、すなわち対前年3月比で23%上昇するとしよう。そして、他の輸入額が今年の3月と変わらないと仮定する。すると、4月の輸入総額は5兆8493億円となる(表の(2))。したがって、貿易収支は5109億円の赤字となる(表の(5))。

 

 

 

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT