「リスキリング」に失敗する人に欠ける4大要素 プランを立てることで成功率は格段に変わる

✎ 1〜 ✎ 741 ✎ 742 ✎ 743 ✎ 最新
拡大
縮小
リスキリングに失敗する人に欠ける要素とは(写真: アン・デオール / PIXTA)

最近「リスキリング」という言葉を耳にするようになった人は多いのではないだろうか。

ニュースやWebサイトで目にするだけではなく、岸田文雄首相の所信表明演説でも「個人のリスキリング(学び直し)の支援に5年で1兆円を投じる」という発表があり、国としても今後注力する分野であることがわかる。

筆者はUZUZという会社で、数年前から「ウズウズカレッジ」というIT分野のリスキリングサービスを運営している。キャリア支援の現場で働いていても、昔はなかったような「新しい仕事」が増え、従来の仕事と新しい仕事が置き換わる現代において、リスキリングが重要な役割を果たすと感じている。

本記事では「リスキリングに失敗する人の特徴」を軸に、リスキリングの理解度を高めるとともに、その対策まで解説したい。

そもそも「リスキリング」とは何なのか?

「リスキリング(Re-skilling)」とは、経済産業省の資料「リスキリングとは」によると、「新しい職業に就くために、あるいは、今の職業で必要とされるスキルの大幅な変化に適応するために、必要なスキルを獲得する/させること」と記載されている。

少し難しい表現だが、要するに「世の中の仕事のニーズ変化に対応(生存もしくはキャリアアップ)するためにスキルを学習すること」だと言える。

『就職四季報2024年版』は公式デジタルサービス「シキホー!Mine」無料体験版が最大1年間つかえる特典つきです

似たような概念に「アップスキリング(Up-skilling)」という言葉もあり、日本では「リスキリング」と「アップスキリング」を明確に区別せず、まとめて「リスキリング」と表現していることが多い。

筆者の立場から考えても、個人のキャリアにおいては、市場生存率を上げたり、キャリアアップするために「スキルを学ぶ」点では共通の考え方なので、同じものとしてとらえてよいだろう。

では、なぜ国が5年間で1兆円かけてまでリスキリングに注力するのか、個人のキャリアにとってもリスキリングが重要なのだろうか、解説していく。

次ページ重要な理由
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT