「年収が高く雰囲気も良い企業」100社ランキング カギは「新卒がすぐ辞めないか」1位は年収1800万超

✎ 1〜 ✎ 740 ✎ 741 ✎ 742 ✎ 最新
拡大
縮小
待遇だけでなく「雰囲気の良さ」も企業選びのポイント(画像:Jake Images/PIXTA)

就活を頑張って条件がいい会社に入社した後に、実は職場の雰囲気がとても悪い会社だった……と気づくのは、誰もが避けたいところだろう。

では「雰囲気の良さ」を事前に知るにはどうしたらいいだろうか。OB・OGに聞いたり、クチコミを調べたり、就活生のみなさんは職場の雰囲気のイメージを掴むのに苦労していることだろう。そんなときにおすすめの指標がある。

『就職四季報2024年版』は公式デジタルサービス「シキホー!Mine」無料体験版が最大1年間つかえる特典つきです

それが「新卒3年後離職率」だ。『就職四季報』とその公式デジタルサービス「シキホー!Mine」では、独自調査をもとにこのデータを掲載している。

今回は、「雰囲気の良さも大事だけど、やっぱり年収はゆずれない」という就活生・転職者のみなさんの本音にこたえ、「新卒3年後離職率が0%で年収も高い企業」ランキングを集計した。

雰囲気の良さがわかる「新卒3年後離職率」とは?

「新卒3年後離職率」とは、その名のとおり、新卒で入社した社員が3年後の4月に何%離職しているかを示す指標だ。

厚生労働省も新規学卒就職者の離職状況を毎年公表しており、2019年3月卒の新規大卒就職者の3年後離職率は31.5%となっている。一方、『就職四季報』掲載企業の平均は19.2%だ。転職が当たり前の世の中とはいえ、新卒3年後離職率が30%以上の企業は、職場の雰囲気をOBOG訪問などでじっくり確認したほうがいいだろう。

ただ、もともと採用人数が少ない企業では、1人の離職が指標に大きく影響を与える。例えば、3年前の入社人数が2人であれば、1人辞めただけでも新卒3年後離職率は50%になってしまう。気になる企業は入社人数の規模感までしっかり確認することが重要だ。

では、まずランキング上位を見ていこう。

次ページ1位は平均年収1803万円のあの会社
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT