新卒でないと入りにくいが、勤続年は長い128社 トップの日本航空は新卒採用占有率が100%

✎ 1〜 ✎ 108 ✎ 109 ✎ 110 ✎ 最新
拡大
縮小
新卒採用を重視して、新卒でないと入りにくい会社とは(撮影:尾形文繁)

「人への投資」に注目が集まっている。政府はリスキリング(学び直し)や転職・副業への支援を施策として掲げた。そうした流れもあり、若い世代を中心に転職を厭わないキャリア観も広まりつつあるようだ。しかし、新卒採用を重視し、結果的に新卒でないと入りにくいという会社は多い。

そこで今回は、『CSR企業総覧(雇用・人材活用編)』2023年版に掲載のデータを使い、2022年4月新卒入社者(一部、通年採用や第2新卒等を含む)と、2021年度の中途採用者数の合計に対して、新卒採用者が占める割合を「新卒採用占有率」として算出した。

このうち採用人数が新卒・中途合計50人以上かつ新卒採用占有率が80%以上、平均勤続年数が15年以上の128社を新卒採用占有率が高い順にランキングした。新卒採用を重視する企業の一覧として活用していただきたい。

なお、2023年4月発売予定の『CSR企業白書』2023年版には、採用人数が合計10人以上を対象とした新卒占有率上位400社のランキングも掲載する。

日本航空は新卒採用占有率100%

1位は新卒採用占有率100%の日本航空だ。新卒採用人数は131人。コロナ禍で採用を中止していた影響が大きい。ただし、同社では男女ともに働きやすい環境が整っており、2021年度の育児休業取得率は女性100%、男性99.3%と完全取得状態。2022年4月時点の女性管理職比率も21.9%と高水準だ。

最新の『CSR企業総覧(雇用・人材活用編)』は現在発売中。書影をクリックすると東洋経済のストアサイトにジャンプします

2位は99%の明治安田生命保険(新卒採用人数291人、以下同)。2021年度の大卒30歳平均賃金は57万9791円と高水準だ。社内公募制度や若手を対象とした国内外留学支援など、各種人材育成プログラムの整備に力を入れている。

3位は大垣共立銀行(89人)で98.9%。育児期間中は勤務時間などを柔軟に選択可能なアシスタントへ転換でき、その後は元の資格のまま社員に復帰できるキャリア転換制度がある。

以下、4位は四国電力98.6%(72人)、5位は98.4%でヤクルト本社(62人)、近鉄グループホールディングス(61人)、7位は98.2%で東海旅客鉄道(673人)、伊藤忠商事(107人)、9位はSMC98.1%(157人)、10位は97.5%でNIPPON EXPRESSホールディングス(238人)、京浜急行電鉄(77人)と続く。

次ページ新卒採用占有率は低下傾向
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT