最新版「入社が難しい有名企業」ランキング200社 対象に加わった外資系コンサルが軒並み上位に

印刷
A
A
2021年卒版の「入社が難しい有名企業ランキング」のトップはマッキンゼー・アンド・カンパニー。日本支社は東京・港区六本木のアークヒルズ仙石山森タワーにある (写真:yama1221/PIXTA)

文部科学省と厚生労働省が調査している大学生の就職状況によると、2021年卒の就職率は96.0%。採用活動が本格化する3年生の2、3月のときに突然のコロナ禍に見舞われ、学内企業合同説明会の中止やオンラインによる就活などの逆風が吹いたことから、前年を2.0ポイント下回った。

『就職四季報』特設サイトはこちら

それでも、3年生の夏の時期に開催するインターンシップなどに参加し、早くから企業にアプローチしていた学生は、比較的順調に就活が進んだようだ。企業の採用支援を行っているワークス・ジャパンの清水信一郎社長は次のように語る。

「コロナ禍でも、夏のインターンシップ参加者などを母集団とした選考は比較的スムーズに進んだ。早くから企業とコンタクトを取るなど、就職に対する意識が高い学生は、コロナ禍でも大きな影響は受けなかった。一方、3月の広報解禁を待って就活を本格始動しようと考えていた大学生は苦戦するという、就活の2極化現象が見られた」

大学別採用数を基に入社難易度を算出

特に就職に対する意識が高い難関大生の応募が多い有名企業は、コロナ禍でも順調に採用活動が進んだようだ。では、コロナ禍の影響が限定的だった有名企業は、どのような難易度の大学から入社しているのだろうか。大学の難易度をもとに入社難易度を算出しランキングした、「入社が難しい有名企業ランキング」から見ていこう。

入社難易度は駿台予備学校の協力を得て、模試の難易度を使い、大学通信が各大学に有名企業424社への就職者数をアンケート調査している結果とあわせ算出した。424社は日経平均株価指数の採用銘柄や会社規模、知名度、大学生の人気企業ランキングなどを参考に選定している。

次ページ 算出方法
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT