最新!「有名企業への就職に強い大学」トップ200校

4年ぶりに一橋大学が首位、2位東工大、3位慶應

有名企業400社への実就職率ランキングで4年ぶりにトップ返り咲いた一橋大学。56.7%の数字はコロナ禍前を上回っている (写真:風間仁一郎)

来春に就職する2022年卒生の就活も、新型コロナウイルスの感染拡大で2021年卒と同じ状況になっている。昨年は、2月に予定されていた大規模な企業の合同説明会が中止になり混乱したが、今年はコロナ禍の中で始まり、ネットを活用した落ち着いたスタートとなった。ただ、企業も学生も採用に不安を抱えている。最終面接までオンラインで行うところもあり、企業に一度も訪問することなく内定を勝ち取る例もあるようだ。

有名企業400社への実就職率を集計

このような状況下で今年の春に就職した2021年卒の大学別就職実績はどうだったのか。有名企業400社の実就職率(400社就職者数÷<卒業(修了)者数-大学院進学者数>×100で算出)から見てみよう。400社は日本を代表するトヨタ自動車、日立製作所、三菱UFJ銀行など、日経平均株価指数の採用銘柄や企業規模、知名度、大学生の人気企業ランキングなどを参考に選んだ。なお、一部が未回答の東京大学は表から除いている。

『週刊東洋経済臨時増刊 本当に強い大学2021』(東洋経済新報社)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

2021年卒の400社への就職者数合計は570大学の5万3310人で、2020年卒より7481人、12.3%の減少だった。大手企業も採用を減らしており、コロナ不況と呼ばれる状況になりつつある。今春は学生に人気の高い航空や旅行代理店、デパートなどが採用数を大きく減らした。

さらに近年では、AIの活用でメガバンクをはじめとする銀行も採用を減らしている。文系学生の就職先が減り、とりわけ女子の就職が厳しくなってきている。企業の採用支援を行っているワークス・ジャパンの清水信一郎社長は「女子はIT企業に流れているのではないか」と見ている。

その中で有名企業に強い大学はどこか。大学別の400社への実就職率を見ていこう。

次ページ一橋大学が東工大を逆転してトップに
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT