大人の音楽教室、生徒獲得へ新たな取り組み

平均年齢が上昇、シニア層取り込みに躍起

基本料金と設備費など込みで月額1万円程度が相場

日本を代表する楽器メーカーのヤマハが、大人向け音楽教室を始めたのは1986年。同社の「大人の音楽レッスン」は、全国1400会場、約11万人の生徒を抱えるまでになった。この30年の間にレッスン料金の大きな改定は2度あった。

たとえば、発足時から続いている「ポピュラーピアノ」コースのレッスン基本料金は、月額6000円でスタートした後、1989年と1993年に引き上げられ、現在は7500円となっている。

音楽、習い事ブームが料金押し上げ

河合楽器製作所「カワイおとなの音楽教室」の「大人のピアノ」コースは、2007年に500円値上げされ、こちらも7500円だ。

1980年代半ばのヤマハ「大人の音楽レッスン」スタート時は、イカ天(いかすバンド天国)ブームの影響もあって、エレキギターやドラムなどを習ってバンドを組む10~20代が8割を占めていた。

1990年代になると、今度は働く女性や主婦などを中心に習い事をしよう、というブームが起きた。音楽教室の生徒数も年齢層を上げながら拡大。こうした需要の増加が料金の値上げにつながっていった。

ただ現在は、値上げがしにくい状況になっている。大人を対象にした習い事や趣味作りの対象が拡大しているからだ。ビジネス場面でスキルアップするための資格取得や英会話の学校、あるいはフィットネスジム、料理教室など、競争相手は多種多様だ。

次ページ人気の楽器レッスンは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 財新
  • コロナウイルスの恐怖
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。