大人の音楽教室、生徒獲得へ新たな取り組み

平均年齢が上昇、シニア層取り込みに躍起

基本料金と設備費など込みで月額1万円程度が相場

日本を代表する楽器メーカーのヤマハが、大人向け音楽教室を始めたのは1986年。同社の「大人の音楽レッスン」は、全国1400会場、約11万人の生徒を抱えるまでになった。この30年の間にレッスン料金の大きな改定は2度あった。

たとえば、発足時から続いている「ポピュラーピアノ」コースのレッスン基本料金は、月額6000円でスタートした後、1989年と1993年に引き上げられ、現在は7500円となっている。

音楽、習い事ブームが料金押し上げ

河合楽器製作所「カワイおとなの音楽教室」の「大人のピアノ」コースは、2007年に500円値上げされ、こちらも7500円だ。

1980年代半ばのヤマハ「大人の音楽レッスン」スタート時は、イカ天(いかすバンド天国)ブームの影響もあって、エレキギターやドラムなどを習ってバンドを組む10~20代が8割を占めていた。

1990年代になると、今度は働く女性や主婦などを中心に習い事をしよう、というブームが起きた。音楽教室の生徒数も年齢層を上げながら拡大。こうした需要の増加が料金の値上げにつながっていった。

ただ現在は、値上げがしにくい状況になっている。大人を対象にした習い事や趣味作りの対象が拡大しているからだ。ビジネス場面でスキルアップするための資格取得や英会話の学校、あるいはフィットネスジム、料理教室など、競争相手は多種多様だ。

次ページ人気の楽器レッスンは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。