大人の音楽教室、生徒獲得へ新たな取り組み

平均年齢が上昇、シニア層取り込みに躍起

その中から選んでもらうためには、基本料金に加え、設備管理費などを含む総額で月1万円前後の現状価格が、社会人にとって許容範囲という実情がある。

現在の生徒の構成を見ると、10~20代は1割強程度。平均年齢45.5歳と、年齢層は大幅に上昇している。そこで、ヤマハは楽器数やレッスンコースを増やすだけでなく、社会人が退勤後に通いやすいよう、大都市部に大型会場を開いた。

現在人気の楽器レッスンは1位ピアノ、以下サクソフォン、ドラム、フルート、アコースティックギターという順になっている。

健康を訴求し、シニア層取り込み

河合楽器の音楽教室は、鍵盤楽器メーカーらしく、生徒数2.5万人のうち、ピアノが半数を超える。また、4~5人程度のグループレッスン主体のヤマハとは異なり、個人レッスンであることも特徴だ。

それでも、生徒数はリーマンショック以降、足踏み状態が続いている。これまで、音楽を題材にした映画のヒットや社会的なブームが起こると生徒数も増えた。しかし、ここ数年は大きな音楽ブームやイベントは見当たらない。

そこで目をつけているのがシニア層。「2014年から60代対象の楽器レッスンやコーラス、健康維持コースの宣伝告知をして生徒を獲得している」(河合楽器)。ヤマハもフィットネスと音楽を組み合わせた60~80代を狙ったレッスンの販促を本格化する。こうした差別化を訴求していかないかぎり、価格を上げることは難しそうだ。

(「週刊東洋経済」2015年3月28日号<23日発売>「価格を読む」を転載)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 地方創生のリアル
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。