久々の福岡で驚いた「個人タクシー」が目立つ事情 全国の中でも多様な市場、独自路線の新興企業も

✎ 1〜 ✎ 29 ✎ 30 ✎ 31 ✎ 最新
拡大
縮小
博多駅のタクシー
博多駅・博多口で待つタクシー。個人タクシーの割合が多い(筆者撮影)
この記事の画像を見る(5枚)

大きく変化している中洲

「今の中洲はサラリーマンが寄りつかない街になっちゃったね。われわれには厳しいわ」

九州最大の歓楽街、中洲で乗車した個人タクシーのドライバー、田辺さん(仮名・60代)は冒頭のように嘆いた。田辺さんいわく、ここ数年中洲の街には大きな変化が訪れているという。それはヤクザが衰退し、半グレや外国人マフィアが増加したことにより、治安悪化が表面化し、中洲の街を避けるサラリーマンが増えているということだ。

筆者はこの街にひかれ、時折訪れているが、確かに3年前と比べて飲み屋街を歩くスーツ姿の男性は減っているように感じた。

福岡の中州
福岡を代表する繁華街の中洲(筆者作成)
中州のタクシー
中洲のタクシー(筆者撮影)

田辺さんが続ける。

「例えば、赤坂や博多駅あたりの企業に勤める人たちも、昔は2軒目、3軒目は中洲で、という流れがあった。ところが、今彼らに聞くと『無法地帯化した中洲は怖い』と言うわけです。私らの感覚としても、コロナの少し前から中洲でサラリーマンを乗せる割合が減っていった。

飲み屋の母数は中洲が一番多いけど、今はほかの場所に人が流れているんやろね。飲み屋のママに聞いても『常連さんの足が遠のいている』とボヤくわけ。この街はいったいどうなっちゃうのかな……」

次ページ福岡で目立つ「個人タクシー」
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT