「中目黒-池袋」IC乗車券が90円以上安いワケ

IC運賃ルールで鉄道会社「収入ゼロ」の例も…

ICカード運賃のほうが必ずしも安いわけではない(撮影:xiangtao / PIXTA)

今年の正月、友人と千葉県の香取神宮へと向かうため、東日本旅客鉄道(JR東日本)成田駅(同県成田市)から成田線で香取駅(同香取市)を目指すことにした。

PASMOで改札を通ろうとする友人に、筆者は「IC運賃は583円で、紙のきっぷだと580円になるけれど、IC乗車券を使う?」と問い掛けたところ、友人は「ICのほうが紙のきっぷよりも安いんじゃなかったの?」と戸惑いながらも、券売機で紙のきっぷを購入したことは言うまでもない。

東洋経済オンライン「鉄道最前線」は、鉄道にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

2014年4月1日に消費税率が5%から8%に引き上げられたことにともない、各鉄道事業者は運賃・料金の改定を実施した。首都圏ではIC運賃について1円単位の運賃を採用した一方で、現金運賃は従来通り10円単位の運賃とした。その際、多くの私鉄・地下鉄の事業者がIC運賃を現金運賃以下に設定したことが「IC運賃は現金運賃よりも安い」との消費者の認識につながった要因の一つと考えられる。

IC運賃のほうが高い区間も少なくない

しかし、JR東日本と一部の私鉄では、IC運賃のほうが現金運賃よりも高額の距離帯が生まれた。冒頭の成田駅―香取駅間30.5kmはJR幹線運賃31~35kmの距離帯に該当し、JR東日本Suicaエリアでは、現金運賃580円に対してIC運賃は583円となる。

そのほかにも、幹線1~3kmは現金運賃140円に対してIC運賃144円、46~50kmでは現金運賃840円に対してIC運賃842円などといった具合に、『JR時刻表』の「営業案内」に記載されている1~540kmまでの38の距離帯のうち17の距離帯でIC運賃が現金運賃よりも高い「逆転運賃」が生まれているのである。

次ページ新横浜―小田原間は現金のほうが174円安い
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT