地下鉄定期付き「アディダス」シューズの衝撃

1年間有効だが、履いて乗らないと無効に

黄色いベルリンの地下鉄車両とアディダスの定期券付きシューズ(Photo by @overkillshop | Overkill)

ベルリンの若者たちの間で、あるスニーカーが話題になっている。事情を知らない人が見れば、ちょっと派手なアディダス製のシューズ。しかし、実は年末まで有効の市内交通全線定期券が縫い込まれている。限定500足、しかもアディダスとのコラボ商品とあって、発売の4日も前から路上にテントを張って待つ人が現れる大人気となった。「定期券付きの靴」と聞くといかにも奇妙だが、「沿線の有名グッズ+1日乗車券」のコラボなら、日本の地方鉄道で応用できそうなアイデアかもしれない。

この定期券付きシューズ。はたしてどんなモノなのだろうか――。

価格は年間定期券の5分の1

今回のプロジェクトは、ベルリン交通局(BVG)が今年90周年を迎えるのに合わせて行われたものだ。ベースとなる靴はアディダスが1991年から販売している人気モデル「EQT」に、地下鉄のシートの柄と同じデザインを施した。聞くところによると、ベルリンの壁崩壊が1989年の末だったこともあり、EQTは発売当時、旧東ドイツの若者の間で「西側の代表的なアイテム」としてもてはやされたという。

Jahresticketとは「年間乗車券」のこと。靴には通し番号も打ち込まれた(Photo by @overkillshop | Overkill)

問題の定期券は写真を見るとわかるように、靴のタン(ベロ)に縫い付けてある。「Jahresticket」とは「年間乗車券」の意味で、これでベルリン市全域(同市の料金タリフのゾーンAとB)を走るあらゆる公共交通機関に2018年の年末まで自由に乗ることができる。ゾーンAとBをカバーする年間乗車券は現在で1枚761ユーロ(約10万03000円)だが、今回のコラボ靴はなんとその5分の1にあたるわずか180ユーロ(約2万4000円)で売り出された。そもそも切符としても安い、しかもアディダスの靴、とあって、注目を浴びないはずがない。

1月16日(火)の朝、ベルリン市内のアディダスショップ2カ所で発売された。現地の報道によると、当日の深夜1時には2つの店舗の前には発売予定数を上回る550人が列をなしていたという。最も早く来た人はなんと前週の土曜(13日)で、店の前の路上にテントを張り、氷点下に下がる厳しい気候の中、3泊4日も過ごしていた。

次ページ「信用改札」だから成り立ったコラボ企画
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT