外国製の鉄道が日本で普及しない2つの理由

日本市場参入のハードルはこんな所にあった

広島電鉄は独シーメンス製の路面電車を導入している(写真:c6210 / PIXTA)

事業総額1兆8000億円のインド高速鉄道を筆頭に、ここに来て日本製車両の海外輸出が続々と決まっている。ではその逆のルート、つまり、海外製の鉄道車両が日本に輸入されるケースはどうなっているのだろうか。

日本国内の鉄道車両は現在、川崎重工業や日立製作所といった国内メーカーの独壇場となっている。信号などのインフラ部分も、日本勢ががっちり押さえ込んでいる。

とはいえ、海外メーカーの日本進出がまったくないわけではない。世界の鉄道市場を席巻するドイツのシーメンス、カナダのボンバルディア、フランスのアルストムから成る“ビッグスリー”は、日本市場でもそれなりに活躍している。

広島の路面電車は海外製

広島電鉄はシーメンス製の路面電車を導入しているし、富山ライトレールや熊本市営交通の車両はボンバルディアの技術がベースとなっている。線路工事用車両では、オーストリアのプラッサー&トイラー製の車両がJR各社や私鉄の間で広く活躍している。

部品では、モーター音が「ドレミファ」という音階に聞こえる京浜急行2100形のインバーターがシーメンス製だ。米国のエンジン大手・カミンズのディーゼルエンジンもJR東海などに販売されている。最近では、JR東日本の新幹線E5系、E6系、E7系に独クノール・ブレムゼ社のブレーキが使われている。

ただ、目立った事例はこの程度にとどまる。12月9日までボンバルディア鉄道部門のトップを務めていたルッツ・バートリング氏は、日本市場への販売展開について「難しい」と断言する。どうやら海外から見ると、不可解な販売障壁が日本にはあるらしい。複数の鉄道会社やメーカーに取材した結果、その答えが見えてきた。

次ページ不可解な販売障壁とは?
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。