駅の「自動券売機」、実は凄い進化をしていた

外国人向け「路線図から買える」タイプも普及

都営地下鉄の駅に設置された訪日外国人向けの次世代券売機(筆者撮影)

最近、都営地下鉄の駅でSuicaやPASMOにチャージしようとして「おやっ?」と思ったことがある人もいるだろう。これまでより明らかに画面の大きな券売機が増えてきているのだ。

実際に使ってみた人もいるかもしれない。試しにICカードにチャージしてみようと画面をタッチすると、まるでスマートフォンのようにきびきびと動いて気持ちがいい。さらに、切符を買う場合は券売機の頭上にある路線図を見なくても、画面上の路線図を指でタッチするだけでいい。使っていて気分のいい券売機なのだ。

路線図から買える新型券売機

東京都交通局では、東京を訪れる外国人向けに、東京地下鉄(東京メトロ)と共同で券売機の改良・開発に取り組んできた。今年2月から導入されたこの券売機は、32インチの大型高精細ディスプレイを採用。これまでは日本語と英語だけだった対応言語も、中国語(簡体字)・中国語(繁体字)・韓国語・フランス語・スペイン語・タイ語を加えた8言語となった。

この券売機では、画面上に表示した路線図から目的地を選んで切符を購入できるほか、駅番号や予測変換による駅名の入力もできる。駅名でなく、浅草や東京スカイツリーなどといった外国人観光客に人気の高い観光スポットを選択することで、そこに行くための切符を買うことも可能だ。路線図、または観光スポットから選択した場合は、目的地までの乗車経路も表示される。

次ページ「上を見なくても切符が買えるように」
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当は怖い住宅購入
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT