駅の「自動券売機」、実は凄い進化をしていた

外国人向け「路線図から買える」タイプも普及

都営地下鉄の駅に設置された訪日外国人向けの次世代券売機(筆者撮影)

最近、都営地下鉄の駅でSuicaやPASMOにチャージしようとして「おやっ?」と思ったことがある人もいるだろう。これまでより明らかに画面の大きな券売機が増えてきているのだ。

実際に使ってみた人もいるかもしれない。試しにICカードにチャージしてみようと画面をタッチすると、まるでスマートフォンのようにきびきびと動いて気持ちがいい。さらに、切符を買う場合は券売機の頭上にある路線図を見なくても、画面上の路線図を指でタッチするだけでいい。使っていて気分のいい券売機なのだ。

路線図から買える新型券売機

東京都交通局では、東京を訪れる外国人向けに、東京地下鉄(東京メトロ)と共同で券売機の改良・開発に取り組んできた。今年2月から導入されたこの券売機は、32インチの大型高精細ディスプレイを採用。これまでは日本語と英語だけだった対応言語も、中国語(簡体字)・中国語(繁体字)・韓国語・フランス語・スペイン語・タイ語を加えた8言語となった。

この券売機では、画面上に表示した路線図から目的地を選んで切符を購入できるほか、駅番号や予測変換による駅名の入力もできる。駅名でなく、浅草や東京スカイツリーなどといった外国人観光客に人気の高い観光スポットを選択することで、そこに行くための切符を買うことも可能だ。路線図、または観光スポットから選択した場合は、目的地までの乗車経路も表示される。

次ページ「上を見なくても切符が買えるように」
関連記事
トピックボードAD
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。