駅の「自動券売機」、実は凄い進化をしていた

外国人向け「路線図から買える」タイプも普及

都営地下鉄の駅に設置された訪日外国人向けの次世代券売機(筆者撮影)

最近、都営地下鉄の駅でSuicaやPASMOにチャージしようとして「おやっ?」と思ったことがある人もいるだろう。これまでより明らかに画面の大きな券売機が増えてきているのだ。

実際に使ってみた人もいるかもしれない。試しにICカードにチャージしてみようと画面をタッチすると、まるでスマートフォンのようにきびきびと動いて気持ちがいい。さらに、切符を買う場合は券売機の頭上にある路線図を見なくても、画面上の路線図を指でタッチするだけでいい。使っていて気分のいい券売機なのだ。

路線図から買える新型券売機

東京都交通局では、東京を訪れる外国人向けに、東京地下鉄(東京メトロ)と共同で券売機の改良・開発に取り組んできた。今年2月から導入されたこの券売機は、32インチの大型高精細ディスプレイを採用。これまでは日本語と英語だけだった対応言語も、中国語(簡体字)・中国語(繁体字)・韓国語・フランス語・スペイン語・タイ語を加えた8言語となった。

この券売機では、画面上に表示した路線図から目的地を選んで切符を購入できるほか、駅番号や予測変換による駅名の入力もできる。駅名でなく、浅草や東京スカイツリーなどといった外国人観光客に人気の高い観光スポットを選択することで、そこに行くための切符を買うことも可能だ。路線図、または観光スポットから選択した場合は、目的地までの乗車経路も表示される。

次ページ「上を見なくても切符が買えるように」
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナショックの大波紋
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。