妊婦にひれ伏す?「韓国の男はつらいよ」が深刻だ 「少子化」「美容意識」が進んだ結果…驚きの実態

✎ 1〜 ✎ 4 ✎ 5 ✎ 6 ✎ 最新
印刷
A
A
「女性は世界一不利な立場にある」と言われた韓国の男女関係は、急速に変わってきている(写真:studiojh/PIXTA)
世界の視点で見た、今の日本の特徴とはどういうものなのか? 何を知っていれば「国際感覚と教養あるグローバルビジネスパーソン」と言えるのか?
これに答えるのが、『最強の働き方」『一流の育て方』などのベストセラーでもよく知られる、ムーギー・キム氏。京都に生まれ、日韓両国の文化の中で育ち、フランス・香港・シンガポールで学び働きながらも、物心がついたときから40年にわたり、日韓関係について考えてきた。
そんななか、世界の視点で日本と韓国の特徴を論じた新著『京都生まれの和風韓国人が40年間、徹底比較したから書けた! そっか、日本と韓国って、そういう国だったのか。──文化・アイドル・政治・経済・歴史・美容の最新グローバル日韓教養書』が発売された。著者が「人生を通じて最も書きたかった1冊」だという。
本記事では、そのムーギー氏が「急速に変わってきた韓国の男女関係」について解説する。

「大統領も尻にしかれる」女性が強い国

韓国といえば、経済も政党もアイドルも何かと変化が速いが、国民性の変化も「パルリパルリ(はやくはやく)」だ。20年もたてば世代間でかなり違う国民性を持つグループが誕生している。

『京都生まれの和風韓国人が40年間、徹底比較したから書けた! そっか、日本と韓国って、そういう国だったのか。──文化・アイドル・政治・経済・歴史・美容の最新グローバル日韓教養書』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

サムスン・ギャラクシーのモデルチェンジ並みに、韓国人のカルチャーアップデートは極めて速い

この韓国社会の変化のスピードには、悠久の歴史を誇る儒教文化も抵抗しきれない。

儒教といえば、父子、君臣、夫婦、長幼、朋友といった上下の関係を定めた人間関係を保つためのこと細かなルールがあるのだが、なかでも完全に韓国文化で急速に変化したのが「男女の人間関係」である。

「韓国女性は世界一不利な立場にある」などと過去の話をいまだにする人は、現在の変わりゆく実態をご存じではない。

男尊女卑で有名だった儒教の教えはどこへやら。いまでは韓国ほど「女性が急速に強くなっている国」はないのではなかろうか

たとえば金建希(キム・ゴンヒ)大統領夫人も、じつに強そうだ。晩餐会でお酒の進む大統領をにらみつけるあの怖い目つき、朴槿恵(パク・クネ)前大統領を訪問し、送迎するときに道に出すぎて車の邪魔になっている尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領の腕をひっぱるときのあの「イライラ」感は、強い奥さんの尻にしかれている恐妻家の男性であれば、すぐにその家庭内パワーバランスを察することができたことであろう。

次ページ旦那を震え上がらせる「猟奇的な奥さん」
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT