ツイッター「凄い使い方」プロが推す3大神アプリ 「最強の情報収集ツール」は、こう使いこなす!

印刷
A
A
プロが推す、ツイッターの3大神アプリをご紹介します(写真:metamorworks/PIXTA)
テクノロジー、政治、経済、社会、ライフスタイルなど幅広い分野の情報を発信し、日本のインターネット論壇で注目を集める佐々木俊尚氏。
「ノマドワーキング」「キュレーション」などの言葉を広めたことでも知られ、2006年には国内の著名なブロガーを選出する「アルファブロガー・アワード」も受賞している。
その佐々木氏が、このたび、『現代病「集中できない」を知力に変える 読む力 最新スキル大全』リンクを上梓した。
「ネット記事」「SNS」「書籍」などから、「読むべき」記事をいかに収集し、情報を整理し、発信していくか、自身が日々実践している「新しい時代の読み方」の全ノウハウを初めて公開した1冊で、発売後たちまち4万部を超えるベストセラーになっている。
そんな佐々木氏が「ツイッター『凄い使い方』プロが推す3大神アプリ」について解説する。

「情報ツール」としてツイッターをすすめるワケ

わたしはツイッターとフェイスブックで、毎朝8時に10本くらい、さまざまな記事を紹介している。2010年終わりぐらいから始めた毎朝の恒例行事で、ほとんど1日も休まずに10年以上も続けている

『現代病「集中できない」を知力に変える 読む力 最新スキル大全: 脳が超スピード化し、しかもクリエイティブに動き出す!』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

自分の知的好奇心にしたがって、さまざまな情報を読んでいるだけなのだが、「自分が見つけた『読むべき記事』を紹介する」という恒例行事をおこなってきただけで、ツイッターのフォロワーは年々増え、いまでは78万人にもなった。

SNSはデマや風評があふれ、詐欺師のような者もたくさんうごめいていて、信頼できないことが多い。しかしわたしは、それでもSNSは重要な情報源だと考えている。

わたしがSNSの中でも情報源として最も熱烈におすすめしたいのはツイッターである。なぜなら2020年代のツイッターはもはや「人間関係のSNS」ではなく、完全に「情報収集のツール」として確立しているからである。

「はあ? ツイッター? 佐々木、何を言ってんの」と思った読者もいるだろう。たしかにツイッターには、ネガティブな印象が強い。

これらのネガティブな面は「人間関係のSNS」としてとらえると致命的である。しかし、「情報収集のツール」と割り切ると、どうか。

議論など成り立たなくても、炎上があっても、罵詈雑言があったとしても、そんなのは情報を集めるのには関係ない。そういう戦闘的なものは無視して、「いい情報」だけを拾い集めればいいのである。

では、どのようにツイッターを「情報ツール」として使いこなせばいいのか。「3大神アプリ」とともに紹介しよう。

次ページ「ポケット」を全力で推したい!
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT