介護・宅配で切り開く、ワタミ100年企業への道筋《新「本業」で稼ぐ》

介護・宅配で切り開く、ワタミ100年企業への道筋《新「本業」で稼ぐ》

ワタミのスタートは1984年。居酒屋チェーン「つぼ八」のフランチャイジー(加盟店)として、東京都杉並区高円寺で起業したのが始まりだ。創業者の渡邉美樹(現会長)は、「お客様の奴隷になる」という強烈なサービス精神を掲げ、繁盛店を多数作り上げた。やがてつぼ八のフランチャイズ契約を解除し、92年「和民」1号店を渋谷区笹塚に出店。居酒屋業態を核とした外食事業を軌道に乗せ、96年に店頭公開、2001年には海外へ出店した。

それから10年。ワタミの事業構造は、大きく変貌を遂げつつある。11年3月期は、祖業の国内外食事業の営業利益を、外食以外の事業の合計が初めて上回る。中でも存在感が大きいのが、介護と宅配弁当だ。一見、外食との関連性がわかりにくい両事業だが、“ワタミらしさ”を加えることで、今や同社にとって欠かせない成長エンジンとなっている。


買収を契機に本格参入 時流に乗る介護・宅配

目下、介護事業は最大の稼ぎ頭である。大阪の医療法人の経営権を引き継ぐ形で参入したのが04年。当時は訪問介護と看護が主体だったが、05年に神奈川県を地盤に有料老人ホームを運営する「アールの介護」を買収し、一気に規模を拡大した。10年度末の運営施設数は61となり、有料老人ホーム業界では、大手のベネッセホールディングス、メッセージと肩を並べる勢いを持っている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT