(第42回)企業改革の役割を外国人に期待する


 実は、この方法は、イギリスやアイルランドですでに行われ、その実効性が証明されている方策である。

イギリスにおいて、これは「ウィンブルドン現象」と呼ばれた。アメリカや、ドイツなどヨーロッパ大陸の金融機関が進出し、それまでシティを牛耳っていた人たちとは異質の専門家が入ってきた。それによって、イギリスでは現代的な先端金融が主力産業となったのである。

アイルランドの場合は、政府の積極的な外資誘致政策により、マイクロソフトやグーグルなどアメリカのIT企業が進出して、ヨーロッパ総支社的な現地法人をアイルランドに置くことによって、それが実現された(アイルランドは現在、金融機関の救済が問題になっているが、IT産業が強いことに変わりはない)。

他国で教育された人材を使うのだから、教育費分を負担するのは当然だ。つまり、給与水準はかなり高くする必要がある。この目的にとって、円高である今は好機である。円の価値は07年に比べてさえ5割ほど高くなっている。

将来、円安になり、日本で働くことに経済的な魅力がなくなってからでは手遅れだ。外国人の専門家を日本に招くのに、あまり時間的余裕はないのである。
(撮影:尾形文繁)

野口悠紀雄(のぐち・ゆきお)
早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授■1940年東京生まれ。63年東京大学工学部卒業、64年大蔵省(現財務省)入省。72年米イェール大学経済学博士号取得。一橋大学教授、東京大学教授、スタンフォード大学客員教授などを経て、2005年4月より現職。専攻はファイナンス理論、日本経済論。著書は『金融危機の本質は何か』、『「超」整理法』、『1940体制』など多数。(写真:尾形文繁)


(週刊東洋経済2010年12月4日号)
※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT