東大も早慶も「出身大学名」がついに無意味になる オンライン授業が「大学の価値」の根本を変えた

印刷
A
A
出身大学名より「学習履歴」が価値を持つ時代、大学に求められている役割とは何なのでしょうか(撮影:梅谷秀司)
GAFAの強さの秘密を明かし、その危険性を警告した書籍『the four GAFA 四騎士が創り変えた世界』は日本だけで15万部のベストセラーになり、日本に「GAFA」という言葉を定着させた。
その著者スコット・ギャロウェイ教授の最新作『GAFA next stage 四騎士+Xの次なる支配戦略』も6万部のベストセラーになっている。本書では、コロナ禍でますます肥大化したGAFAとこの4社に匹敵する権威を持つようになる「+X」の巨大テック企業が再び、世界をどのように創り変えていくかを予言している。
筆者のギャロウェイ氏はGAFA+Xの「最大の獲物」として「大学」を挙げている。日本の大学教育のあり方に危機感を持ち、自らiU(情報経営イノベーション専門職大学)を設立した中村伊知哉学長に、これからの「大学の未来」を聞いた。

大学横断、大学淘汰の時代へ

『GAFA next stage』では、大学がディスラプター(改革を目指す破壊的企業)の餌食になると書かれていますが、そのとおりだと思います。強い大学はより強くなり、弱い大学は死ぬでしょう。私は、日本においては、大学そのものがなくなるのではないかという感覚すらあります。

『GAFA next stage 四騎士+Xの次なる支配戦略』は、6万部のベストセラーになっている(書影をクリックするとアマゾンのページにジャンプします)

すでに、ハーバード、スタンフォード、MITなど、強い大学ほど、授業をオンラインのコンテンツとして提供しています。学ぼうという意思があれば、大学の壁を越えて学べるようになりつつあるのです。

1つの大学で教育を受けるのでなく、たとえば、コンピュータサイエンスはMITで、物理学はスタンフォードで、東洋史は中国の大学でという形が可能になります。

数年後には、大学の卒業証書よりも、このような学習履歴のほうに値打ちがあるという時代になるでしょう。ブロックチェーン技術を使えば、大学をまたいだ学習履歴も証明できますからね。

GAFAのような企業が、世界中の有名教授のコミュニティをつくって、単位を認証する仕組みを構築し、その市場に乗り込めば、大学という世界は一気にひっくり返ってしまうでしょう。そして、そうなったほうがよいと私は考えています。自分にチャンスがあればそれをやりたいとも思うほどです。

次ページ「大学というプラットフォーム」の価値が問われている
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
平気で「おにぎり」を買う人が知らない超残念な真実
平気で「おにぎり」を買う人が知らない超残念な真実
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT