日本人が「GAFA人材に勝てない」メンタル5大問題 グーグル日本元社長「日本人にも絶対にできる」

印刷
A
A
技術力や能力以前に、メンタルやカルチャーの問題があるといいます(画像:AnnaStills/PIXTA)
GAFAの強さの秘密を明かし、その危険性を警告した書籍『the four GAFA 四騎士が創り変えた世界』は日本だけで15万部のベストセラーになり、「読者が選ぶビジネス書グランプリ2019 総合第1位」「ビジネス書大賞2019 読者賞」の2冠を達成、日本にGAFAという言葉を定着させた。
その著者スコット・ギャロウェイ教授の最新作『GAFA next stage 四騎士+Xの次なる支配戦略』が刊行され、発売3日で6万部のベストセラーになっている。本書では、コロナ禍でますます肥大化したGAFAとこの4社に匹敵する権威を持つようになる「+X」の巨大テック企業が再び、世界をどのように創り変えていくかを予言している。
本稿ではグーグル日本法人元社長の辻野晃一郎氏に、「停滞を続ける日本企業」と「覇権を謳歌するGAFA」の差を決定づけた「組織カルチャー・従業員メンタルの違い」を聞いた。
前編:グーグル日本元社長「日本からGAFAは生まれない」

なぜ日本企業はGAFAのようになれないのでしょうか。私は、よく言われる技術力や人材の能力以前に、組織のカルチャーや従業員のメンタルに大きな違いがあると考えています。

「失敗を許容しない」対「失敗は成長プロセスの一環」

日本企業の問題点として、失敗をとても嫌うということがあります。特に、大企業の役員クラスに多いのが、「失敗は恥、ミスは絶対に許されない」という考えです。 稟議のような仕組みも、できるだけミスがないように確認を重ねるというものです。

『GAFA next stage 四騎士+Xの次なる支配戦略』は、発売3日で6万部のベストセラーになっている(書影をクリックするとアマゾンのページにジャンプします)

発達心理学の分野から出てきた「グロースマインドセット(growth mindset)」という概念があります。失敗とは、成長するプロセスの一環であると大きく捉える考え方ですが、もともとグーグルには、失敗を許容するカルチャーがあります。まっとうな目的意識があったら行動すべきで、仮に結果がうまくいかなかったとしても、チャレンジの証としての失敗については、学びがあってよかった、と許容するのです。

一時低迷していたマイクロソフトは、サティア・ナデラ現CEOが、社員のマインドセットをグロースマインドセットに変えたことで見事に復活し、V字回復を遂げたと分析しています。

一方、先程述べたように、ほとんどの日本企業は、失敗を忌み嫌って恐れます。この心理を「フィックストマインドセット(fixed mindset)」と呼びます。特に管理系の役員が幅をきかせているような企業では、失敗に厳しく、ミスを絶対に許さない。

その結果、現場が萎縮して、自発的なチャレンジをしなくなります。言われたことしかやらないようになり、イノベーションも生まれないのです。これは、なぜ日本からグーグルのような企業が生まれないのかという、根底に関わる問題だと思います。

次ページトップが変わればカルチャーは変わる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT