洞察力を磨くには「世界史と日本史」を学べ

本質を見極めるには、「広く・浅く」学ぶのが基本

みなさんが少しでも興味をもっている学問からでよいので、自らがカバーする学問の範囲を徐々にコツコツと広げていくことが肝要です。

ただし、一つの学問を学ぶにあたって、専門家のレベルまで知識を高める必要はありません。むしろ、大学の一般教養課程の授業と同じように、「広く、浅く」身につける程度でよいのです。

たしかに、専門分野でその知識をいくらでも深めていくことはできますが、それは多くの場合、一定の物事の見方を強化しているにすぎません。自分の専門分野の立場からばかり物事を考えていては、新しい発想が生まれてくるはずはありませんし、思考の幅と奥行きも広がっていくはずもありません。

多面的角度から物事をとらえ、本質を探り出す

その意味では、自分が勉強した経験のある学問とはまったく関係がないように思われる分野の学問に、積極的に接してみるのもよいでしょう。

あるいは、自分とは違う立場の人の見解を見聞きして、その見解の背景を探ってみるのもよいでしょう。

専門分野に偏った視点ではなく、多面的な角度から物事をとらえることが大切です。

さまざまな知識や情報を吸収し、複雑に絡み合っている因果関係を整理することによって、その本質を探り出す洞察力を鍛え上げるのです。世の中のありとあらゆる学問が、本質を見極める洞察力を磨くのに役に立つわけです。

11月5日発売の新刊『未来予測の超プロが教える 本質を見極める勉強法』では、私が実践している「本質を見極めるための学び方や考えるコツ」を余すことなくお伝えしております。興味がございましたらご覧いただければと思います。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 財新
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT