英語よりも、本質を見極める力を養え

グローバル化の本質を誤解している日本(下)

英語を学ぶのは重要だが、グローバル人材になるには、もっと大事なことがある

前回の記事「グローバル化の本質を誤解している日本」では、グローバル化の本質について説明しましたが、大局的な視点、俯瞰的な視点を持つためには、あるいは、本質を見極める洞察力を鍛えるためには、どういったことをすればいいのでしょうか。

あなたは貪欲に学び、愚直に考え続けられるか

実は、その答えは、「学問のジャンルにとらわれず、さまざまな知識を学び続ける」ということなのです。

貪欲になってさまざまな知識を吸収していけば、意識する意識しないにかかわらず、自然と自らの視野が広がっていくことが実感できるようになります。そのうえで、物事の判断をする際に、自らの頭で考えてベストだと考えられる結論を導き出していくのです。

その行程の繰り返しが、俯瞰的、大局的視点を養うと同時に、本質を見抜く洞察力を育んでくれるはずです。言い換えれば、貪欲に学び続ける、愚直に考え続けるという姿勢がとても大切なのです。

物事の本質を探るには、ある特定の分野の知識だけではなく、さまざまな分野の知識が求められます。

次ページ広範な知識が人の視野の広さに直結する
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT