英語だけでは、仕事は絶対うまくいかない

大切なのは、「語学力」よりも「思考力」

英語だけ話せてもダメ。本当に仕事に必要な能力が問われている

今回は、大きな反響があった、前回のコラム『英語が話せなくても、問題ない世界が来る』の続編です。

私がまだ社会人として駆け出しの頃に勤めた金融機関では、配属となった部署のおよそ半数がアメリカ人やイギリス人であり、仕事のほとんどすべてが英語、それも早口の英語で行われていました。

英語のシャワーを浴びていれば、すぐ耳は慣れるが・・

これまでの自分の人生で、英語を話さなければならない環境に置かれたことはなかったので、初めのうちはとても戸惑い、まったくその環境についていくことができませんでした。

しかしながら、毎日のように英語のシャワーを浴び続けていると、少しずつではありますが、早口の英語が聞きとれるようになっていきます。そして、3カ月が経過した頃には、自分の頭のなかで英語を日本語に変換して考えるのではなく、英語をそのままの英語で理解できるようになっていったのです。

おまけに、たとえ知らない単語(言葉)が出てきたとしても、相手の表情や会話の前後の内容から類推できるようにもなりました。

配属となった時に、部署のリーダーから「英語ができなくても気にするな。どうせ何か月もすれば慣れるから」と言われていましたが、英語が英語のままで理解できるようになって、初めてその言葉の意味が「そうだったのか」と得心できました。

次ページ私が「英語だけできても、ダメ」と思った理由
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • なにわ社長の会社の磨き方
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。