英語だけでは、仕事は絶対うまくいかない

大切なのは、「語学力」よりも「思考力」

英語だけ話せてもダメ。本当に仕事に必要な能力が問われている

今回は、大きな反響があった、前回のコラム『英語が話せなくても、問題ない世界が来る』の続編です。

私がまだ社会人として駆け出しの頃に勤めた金融機関では、配属となった部署のおよそ半数がアメリカ人やイギリス人であり、仕事のほとんどすべてが英語、それも早口の英語で行われていました。

英語のシャワーを浴びていれば、すぐ耳は慣れるが・・

これまでの自分の人生で、英語を話さなければならない環境に置かれたことはなかったので、初めのうちはとても戸惑い、まったくその環境についていくことができませんでした。

しかしながら、毎日のように英語のシャワーを浴び続けていると、少しずつではありますが、早口の英語が聞きとれるようになっていきます。そして、3カ月が経過した頃には、自分の頭のなかで英語を日本語に変換して考えるのではなく、英語をそのままの英語で理解できるようになっていったのです。

おまけに、たとえ知らない単語(言葉)が出てきたとしても、相手の表情や会話の前後の内容から類推できるようにもなりました。

配属となった時に、部署のリーダーから「英語ができなくても気にするな。どうせ何か月もすれば慣れるから」と言われていましたが、英語が英語のままで理解できるようになって、初めてその言葉の意味が「そうだったのか」と得心できました。

次ページ私が「英語だけできても、ダメ」と思った理由
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT