「ペッパー」が呼び寄せた異能の”トヨタマン”

ソフトバンクに飛び込んだ勇気と自信

ソフトバンクショップで人気者の「ペッパー」と開発リーダーを務めた林要(かなめ)さん(撮影:今井康一)

「お前の情熱が足りないから、プロジェクトが動かないんだ!」

2012年12月3日、ソフトバンク本社の社長室。緊急会議で役員たちが集められた中、激高した孫正義社長は”末席”に座る1人の社員をにらみつけていた。

怒りの矛先は林要。今年6月にソフトバンクが発表し、世間を驚かせたヒューマノイドロボット「Pepper(ペッパー)」の開発リーダーである。4月に入社したばかりの新参者は、プロジェクトの推進を任されていた。

「100個のアイデアを持ってこい」

前職はトヨタ自動車のエンジニア。若くしてF1マシンの開発に関わるなど、厳しい場数を踏んできたという自負はあった。ところが、新たな挑戦に選んだロボット開発は困難の連続だった。

「企画を練り直せ。あさってまでに100個のアイデアを持ってこい!」

「明日じゃなくて、あさってか・・・」。孫社長が1日の猶予をくれたことにわずかな”愛”を感じつつも、いざ企画を提案すると首を縦に振ってくれない。とうとう孫社長の怒りが大爆発した――。

孫社長と共にお披露目されたペッパー(撮影:梅谷秀司)

それから1年半後にデビューしたペッパーは、全国のソフトバンクショップに出勤し、接客をこなしている。その役割はジョークを飛ばしたり、多彩なアクションを披露するなど、訪れた人たちを楽しませること。人間の作業を手伝ったり、便利な機能を実装するような従来のロボットとは一線を画す。人とのコミュニケーションに特化していることが最大の特徴だ。

たちまち人気者になったペッパー。トヨタのエンジニアは、いかにしてソフトバンクのロボット開発にたどり着き、ペッパーをこの世に送り出したのか。

次ページ少年時代から”エンジニア”
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新型肺炎の「致死率」<br>武漢だけ突出する理由

新型肺炎による死亡者は、湖北省、とくに武漢に集中しており、致死率は他の省を圧倒しています。この理由と背景は? 本誌デジタル版では、現地から果敢な報道を続ける中国「財新」特約の連載「疫病都市」を配信しています。