スクープ! これがソフトバンクの新拠点だ

孫社長は、米シリコンバレーに1000人規模の拠点を設けた

(C)2013Google

「先週、シリコンバレーの新オフィスが事務所開きとなりました」

9月30日、ソフトバンクの孫正義社長はアンドロイド端末の発表後に登壇。その後の報道陣の囲み取材の中で、こう明かした。

昨年10月に米携帯大手スプリント・ネクステルの買収を表明して以降、どうやら孫社長の頭の中は米国戦略でいっぱいになっているようだ。アップルの新型アイフォーン発表日のイベントにも姿を見せず、7月に買収を完了した新生スプリントの取締役会に臨んだ。

スプリントの本社はカンザス州のオーバーランドパークにあり、日本からの直行便はない。そこで、昨年11月、孫社長はシリコンバレー随一の高級住宅街として知られるウッドサイド地区で、白亜の邸宅を1億1750万ドルで購入。米国での戦略拠点をシリコンバレー周辺に構えることを表明していた。

ところが、ソフトバンクは重大な意味を持つ新拠点の所在地を明かしていない。そこで現地の状況を独自に調査した。

82カ月のリースで賃借

写真にある二つのビルがソフトバンクのシリコンバレーオフィスだ。ハイウェー101号線(ワン・オー・ワン)に面した交通至便な場所にあり、サンフランシスコ空港からは自動車で十数分、サンカルロス空港は目の前だ。孫社長の自宅も20分の距離にある。周辺には、エバーノートやプラグ&プレイなどのベンチャー企業のオフィスが建ち並び、典型的なシリコンバレーの風景が広がっている。

ソフトバンクは、4月に1棟目、7月に2棟目を借りている。このツインビルと付属する駐車場は、サンマテオ郡が2年前に4000万ドルで民間から買い取ったものだ。リース期間は82カ月で2020年5月まで。オプションとして34カ月延長できる契約だ。賃借料は年間600万ドルだ。

次ページシリコンバレー拠点はどういうものなのか?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT