豊岡市は「命への共感に満ちたまち」を目指す

コウノトリのまちが地味に進めたこと(上)

 「政治」というと、「難しそう」「私には関係ない」「偉い人がなんとかしれくれる」と敬遠してしまいがち。しかし、今まで目を向けてこなかっただけで、当 たり前だけれど、政治と私たちの生活はつながっている。経営ストラテジストで作家、そして1児の母でもある坂之上洋子さんが、「あまり知られていないけれ ど、実はいい政策」をフィーチャーし、ビジネス目線、ママ目線、NPO目線で、素朴な疑問を明らかにしていく。
第4回目は、豊岡市の中貝宗治市長。豊岡市は、兵庫県の北部、日本海に面した市で、城崎温泉、コウノトリなどで知られるまちである。

坂之上:10年前に台風の被害に遭われて、とても大変だったと伺いました。

中貝:2004年の台風23号の時ですね。市の中央部を流れる円山(まるやま)川が氾濫して、町中が水びたしになってしまいました。

坂之上:その時に工事のことで、違法なことをされたとか?

中貝:はい。復旧に向けて工事を進めたのですが、補助金ルール上の期限である年度末までに工事が終わりませんでした。……でも、工事は完成する見込みだと国に報告して、工事を続けたんです。

もう被害は出したくない、でも工事が終わらない

坂之上:それは不正受給ですよね。

中貝:はい。担当の職員はもう、悩みに悩んでいたんです。3月末までに工事を終わらせないといけないのに、それはもう膨大な工事の量で。しかもその年は大雪で、土がビシャビシャで工事ができないと。

泥の海に沈んだ豊岡市内の住宅街

坂之上:それを相談された時、どうされたんですか。

中貝:4月に入ってから報告を受けて、激怒しました。「工事が終わっていないなら、補助金は返せ! 工事は止めろ!」と。

坂之上:はい。

中貝:ところが職員が、「やっと雪がとけて、今残っているのは、全部、川の工事なんです。だけどこれから残りの工事の補助金を返して、あらためて予算を組み直して、工事をしてくれる業者を募っていると、すぐ6月になってしまいます。そしたらまた11月まで工事ができません。復旧工事が終わっていなくて無防備なところにもう一度台風が来て、また市民に被害がでたら、私たちはどうしたらいいんですか」って。

次ページなぜ工事を続けることにしたのか?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
子どもの命を守る<br>続発する虐待死、その真因を探る

子どもをめぐる悲惨な事件が後を絶たない。親からの虐待、保育園事故、不慮の事故……。子どもの命の危険とその解消策を検証した。長時間労働が深刻な児童相談所の実態、低賃金・高賃金の保育園など保育士の処遇に関する独自調査も。