地方都市は「ほどほどパラダイス」になった!

地方の若者におけるイオンモールの存在感

 郊外のショッピングモールは、今や下流ファミリーのたまり場ではない。あらゆる層のニーズを満たし、若者からお年寄りまで続々と押し寄せるパワースポットと化した。中でも人気なのが、「イオンモール」と「ららぽーと」だ。商業施設の巨大化・進化につれて、そこに集う「イオニスト」「ららぽーたー」が増殖している。
 人々は何に魅せられてショッピングモールに行くのか? 人気ショッピングモールの背景を5日連続で分析する。1日目は、社会学者の阿部真大さんに、地方の若者とイオンモールの関係を伺う。

 

イオンモール倉敷

 

若者の半数「余暇をイオンモールで過ごす」

――阿部真大さんは『地方にこもる若者たち』の中で、地方の若者とイオンモールの関係について論じています。そこに注目したきっかけは?

阿部真大さん
社会学者、甲南大学准教授
1976年、岐阜県生まれ。東京大学卒。2014年から、西オーストラリア大学客員研究員。専門は労働社会学、家族社会学、社会調査論。ポスト日本型福祉社会におけるセーフティネットのあり方について社会学的な見地から考えている。主な著書に、『搾取される若者たち─―バイク便ライダーは見た!』(集英社)、『働きすぎる若者たち ―「自分探し」の果てに』(NHK出版)、『居場所の社会学─―生きづらさを超えて』(日本経済新聞出版社)、『「破格」の人─―半歩出る働き方』(KADOKAWA)、『地方にこもる若者たち──都会と田舎の間に出現した新しい社会』(朝日新書)などがある。

岡山の大学にいる先輩と一緒に、若者の価値観に関する調査を始めたのですが、その際に地方の若者たちの中でイオンモールの占める存在感の大きさに気づいたのです。

若者たちに「余暇を過ごす場所」を質問したところ、半数が「イオンモール」と答えた。岡山で調査したので、これはイオンモール倉敷を指します。イオンモール以外のショッピングセンターや複合レジャー施設を含めると、実に4人に3人が「イオン的な場所」で過ごしていました。

――レジャー施設が少ないから、イオンモールしか行くところがない、という意味でしょうか。

いや、東京から見ると、イオンモールだけドーンと突出しているように見えますが、イオンモールは中心にあるもので、言ってみれば天守閣。その周りに城下町が広がっているようなイメージなのです。

彼らの話を聞いてみると、たとえば、家から1時間、2時間かけて車でイオンモールに行って、そこに行くまでの間、ドライブを楽しみ、イオンモールで買い物をして、またどこかのファミレスに行ってご飯を食べて、途中の展望台のようなところで休んで、ラウンドワンに行って、ゲオに寄って……と、商業施設がいくつか組み合わさって、ひとつの大きな商業圏を形成している。

1990年代後半から2000年代に、地方に続々と商業施設ができました。かなり田舎のほうにもショッピングセンター的なところはありますが、それは小さくてあまり輝いてない店だったりする。日常生活はそういう店で済ませて、週末にイオンモールに行く。彼らの消費生活の中で、いろいろな商業施設のランキングがあり、その頂点に位置するのが、イオンモールなわけです。

――頂点。確かにイオンモールに行けば、買い物も食事もできて、映画も見られて、一日中、楽しめます。

まあ、ディズニーランドみたいなものですね。僕は岐阜の出身で、1995年に大学進学のために東京に出てきて、地方がすごく変わったことに気づきませんでした。今は岐阜にも巨大なショッピングモールがいくつかありますが、その頃はまだなかった。僕が東京にいる数年の間に地方が劇的に変わり、東京だけ取り残されていたのです。

次ページ「つまらない地方」と「刺激的な大都市」の間に楽園が出現
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT