地方都市は「ほどほどパラダイス」になった!

地方の若者におけるイオンモールの存在感

ぬるま湯の「マイルドヤンキー」にも不安が……

――もう地元を捨てて、大都市に出ていく必要がない。

最近、博報堂の原田曜平くんが言っている「マイルドヤンキー」って、まったくそうですよ。「ハードヤンキー」はもう少し、しがらみの中で生きていたと思いますが、マイルドヤンキーはしがらみがないので、大人から見ると若干、頼りなく映るかもしれません。都会に出ていく連中よりガツガツしていないですから。こうした、ぬるま湯的な居場所が地方にできたというのが、2000年以降の状況です。

ただ、今の若い子たちは、友達や親と仲良くして、イオンモールに行って、現在の生活をぬるく楽しんでいるふうに見えますが、将来への不安も感じています。

その背景には、収入の低さがあります。仕事に対する満足度について調査したところ、単身者の年収の中央値は200万~249万円。主にサービス業に従事している若者たちですが、やはり300万円に満たないと、地方といえども生活が厳しい。親と仲良くして実家にパラサイトするのは、生きる知恵のひとつなのです。親と同居している単身者の、親の収入も含めた世帯収入は600万円以上ですから、ひとりではなかなか生活できないけど、親と一緒なら生活できます。

しかし、彼らは収入面の満足度が低いだけで、やりがいや人間関係に関しては満足度が異様に高いのが特徴です。特に、サービス業の場合は人が相手なので、やりがいを感じやすい。それが収入面の不満をカバーしているところがある。いわゆる「やりがいの搾取」です。つまり、地方の若者は、金銭的には親が支え、メンタル的にはやりがいが支えている。

でも、友達と家族との人間関係しかない中で、この先、結婚して子育てができるだろうかとか、親の介護が必要になったときに、介護施設なんてどこも知らないのに、自分ひとりで大丈夫なのだろうかと不安を感じています。

次ページ「コミュニティ作り」が今後のキーワード?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。