地方都市は「ほどほどパラダイス」になった!

地方の若者におけるイオンモールの存在感

夜のイオンモール倉敷

商店街は東京にしか残っていない

――現在の「ほどほどパラダイス」が永続しないことがわかっている。

そりゃ、そうです。商店街から消費の部分だけをスポンと抜き出して、巨大にしたのがイオンモールです。かつての商店街は、消費の場と生活の場が一体化していて、そこでモノを買えば、同時に生活のコミュニティもそこに生成していた。それが商店街の強みだったのですが、そこから生活のコミュニティがスポンと抜け落ちてしまったのがイオンモールなので、もう消費者でしかない。だから、生活者としての不安感はすごく大きいわけです。

今は家族が支えているけれども、親が亡くなった後を考えると、やっぱり別のところでコミュニティをきちっと作らなければいけない。そういう不安感をフックして、地域にもっと目を向けて新たな人間関係を作り、地道にコミュニティを作っていこうとする意識も生まれています。

――商店街にはモールよりは密な人間関係があった。

モールよりは(笑)。

――今はモールに車で行って楽しむだけ。都会的ですね。

都会的といえば都会的ですが、最近は地方よりも都会のほうが商店街は残っていますよ。日本中で東京だけが前近代的な感じになっています。たとえば、東京のど真ん中の麻布十番や神保町に商店街があるし、北区や荒川区に古き良き下町を残している。東京の下町の人のほうがハードヤンキー的な感じがします。ハードヤンキーは日本中でもう東京の下町にしかいない。西日暮里や田端に行けば会えるみたいな(笑)。

地元でずっと暮らしているおじいちゃん、おばあちゃんがいたりして、地域というものが可視化されています。逆に、僕の実家のほうが、地域が見えづらい。東京のほうが密な人間関係が残っていて、地方の子ほど地域を知らず、イオンモールしか知らない。そういう逆転現象が起きています。

それは、東京は人口密度が高すぎてモータライゼーションができず、土地がなくてイオンモールを作れなかったからでしょう。

――阿部さんは現在、西オーストラリア大学客員研究員としてオーストラリアに住んでいますが、そちらのショッピングモール事情は?

オーストラリアはショッピングモールしかありません。車での移動が中心ですし、オーストラリアとアメリカはそうですよね。

――オーストラリアの人は快適なのか、それとも不安を感じているのでしょうか。

快適でしょう。日本と違うのは、教会がある点です。皆で教会に集まって何かコミュニティ活動をするという文化がある。場所は別に教会でなくてもよくて、とにかくどこかに集まって作ればいいじゃないかという感じです。

日本の場合は、お寺がそういう機能をあまり果たしていないですよね。今後の日本が参考にすべき点はあると思います。

――ショッピングモールの今後のあり方として、「コミュニティ作り」がキーワードになるかもしれませんね。

そうですね。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • iPhoneの裏技
  • 埼玉のナゾ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
介護大全<br>お金、仕組み、施設を全検証

突然、訪れる親の介護にどう向き合えばよいか。3640人へのアンケートによる経験者の声を基に、介護の悩みや不安の解消策を考える。介護保険サービス利用の全容、4つのケースで試算した介護費用、老後の住まい徹底比較など、具体例を満載。