セブン&アイHDとイオンを分析する

2大小売りチェーンは、どこで差がついたのか?

コンビニ業界では他の追随を許さないセブン-イレブン。セブン&アイHDの大黒柱だ(撮影:今井康一)

2大小売りチェーンのセブン&アイ・ホールディングスとイオンの平成26年2月期決算(2013年3月〜2014年2月)は、大きく差がひらきました。セブン&アイはコンビニエンスストア事業の収益が伸び、営業利益が過去最高を更新した一方で、イオンは増収減益となったのです。

同じ小売業ではありますが、2社の間では戦略や収益構造が異なっています。そのため、収益力にも隔たりがあるのです。今回は、財務内容を分析しながら、2社の違いはどこにあるのか、先行きを見極めるポイントは何かを解説します。

過去最高益のセブン&アイ、高収益のコンビニで躍進

セブン&アイの決算は、大幅な増収増益となりました。損益計算書(14ページ)から見ていきましょう。売上高にあたる営業収益は、前期から12.8%増の5兆6318億円。本業の儲けを示す営業利益は、14.9%増の3396億円と過去最高を更新したのです。当期純利益も27.3%増の1756億円となりました。

では、何が好調だったのでしょうか。ひとつは、利益全体の75.8%を占めるコンビニエンスストア事業です。事業別の収益をまとめたセグメント情報(同34ページ)を見ますと、同事業の「外部顧客への営業収益」は33.2%増の2兆5292億円、セグメント利益は16.1%増の2575億円となっています。決算短信によると、セブン-イレブンのプライベートブランド商品「セブンプレミアム」「セブンゴールド」や、セルフ式のドリップコーヒー「セブンカフェ」の売り上げが業績を押しあげたということです。

次ページセブン&アイのもう一つの好調な事業とは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT