セブン&アイHDとイオンを分析する

2大小売りチェーンは、どこで差がついたのか?

コンビニ業界では他の追随を許さないセブン-イレブン。セブン&アイHDの大黒柱だ(撮影:今井康一)

2大小売りチェーンのセブン&アイ・ホールディングスとイオンの平成26年2月期決算(2013年3月〜2014年2月)は、大きく差がひらきました。セブン&アイはコンビニエンスストア事業の収益が伸び、営業利益が過去最高を更新した一方で、イオンは増収減益となったのです。

同じ小売業ではありますが、2社の間では戦略や収益構造が異なっています。そのため、収益力にも隔たりがあるのです。今回は、財務内容を分析しながら、2社の違いはどこにあるのか、先行きを見極めるポイントは何かを解説します。

過去最高益のセブン&アイ、高収益のコンビニで躍進

セブン&アイの決算は、大幅な増収増益となりました。損益計算書(14ページ)から見ていきましょう。売上高にあたる営業収益は、前期から12.8%増の5兆6318億円。本業の儲けを示す営業利益は、14.9%増の3396億円と過去最高を更新したのです。当期純利益も27.3%増の1756億円となりました。

では、何が好調だったのでしょうか。ひとつは、利益全体の75.8%を占めるコンビニエンスストア事業です。事業別の収益をまとめたセグメント情報(同34ページ)を見ますと、同事業の「外部顧客への営業収益」は33.2%増の2兆5292億円、セグメント利益は16.1%増の2575億円となっています。決算短信によると、セブン-イレブンのプライベートブランド商品「セブンプレミアム」「セブンゴールド」や、セルフ式のドリップコーヒー「セブンカフェ」の売り上げが業績を押しあげたということです。

次ページセブン&アイのもう一つの好調な事業とは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT