セブン&アイHDとイオンを分析する

2大小売りチェーンは、どこで差がついたのか?

コンビニ業界では他の追随を許さないセブン-イレブン。セブン&アイHDの大黒柱だ(撮影:今井康一)

2大小売りチェーンのセブン&アイ・ホールディングスとイオンの平成26年2月期決算(2013年3月〜2014年2月)は、大きく差がひらきました。セブン&アイはコンビニエンスストア事業の収益が伸び、営業利益が過去最高を更新した一方で、イオンは増収減益となったのです。

同じ小売業ではありますが、2社の間では戦略や収益構造が異なっています。そのため、収益力にも隔たりがあるのです。今回は、財務内容を分析しながら、2社の違いはどこにあるのか、先行きを見極めるポイントは何かを解説します。

過去最高益のセブン&アイ、高収益のコンビニで躍進

セブン&アイの決算は、大幅な増収増益となりました。損益計算書(14ページ)から見ていきましょう。売上高にあたる営業収益は、前期から12.8%増の5兆6318億円。本業の儲けを示す営業利益は、14.9%増の3396億円と過去最高を更新したのです。当期純利益も27.3%増の1756億円となりました。

では、何が好調だったのでしょうか。ひとつは、利益全体の75.8%を占めるコンビニエンスストア事業です。事業別の収益をまとめたセグメント情報(同34ページ)を見ますと、同事業の「外部顧客への営業収益」は33.2%増の2兆5292億円、セグメント利益は16.1%増の2575億円となっています。決算短信によると、セブン-イレブンのプライベートブランド商品「セブンプレミアム」「セブンゴールド」や、セルフ式のドリップコーヒー「セブンカフェ」の売り上げが業績を押しあげたということです。

次ページセブン&アイのもう一つの好調な事業とは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
  • インフレが日本を救う
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。