セブン&アイHDとイオンを分析する

2大小売りチェーンは、どこで差がついたのか?

もうひとつは、金融関連事業です。この事業の「外部顧客への営業収益」は、8.4%増の1339億円。セグメント利益は20.0%増の449億円です。これは全体の営業利益の13.2%を占め、コンビニ事業に次ぐ規模です。以前も説明しましたが、金融業は安定的な収益を望めます。大きな収益源となりつつあり、さらに拡大を目指していると考えられます。

セブン&アイの金融事業は、いわゆる「手数料ビジネス」です。セブン銀行のATMから提携している金融機関と取引を行った場合、その金融機関は一回あたり数十円の手数料をセブン銀行に支払わねばなりません。セブン銀行がATMを設置し、お金の管理をやってくれる代わりに、金融機関は一回の利用につき数十円の手数料を支払うという契約になっているのです。

これが、莫大な利益を生むようになりました。セブン銀行のATMは全国で1万9640台(4月30日現在)も設置されており、24時間365日使えますから、利用者が増え続けているのです。

ところが、今度は金融機関がセブン銀行に支払う手数料がどんどん膨らんできました。当然、金融機関は「セブン銀行に手数料を支払うより、自行のATMを利用して欲しい」と考えるようになります。メガバンクはじめ多くの金融機関が、セブン銀行での取引を有料、もしくは無料で利用できる回数に制限を設けるようになったのは、このためです。

その他、スーパーストア事業、百貨店事業、フードサービス事業の業績はほぼ横ばいとなっており、あまり好調とは言えません。セブン&アイは今のところ、コンビニ事業と金融事業が業績を牽引している構図になっているのです。

次ページイオンとセブンの収益構造の違いとは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT