ららぽーたーに漂う「セレブ臭」のナゾ

イケアをハコ呼びするデベロッパー系の底力

 郊外のショッピングモールは、今や下流ファミリーのたまり場ではない。あらゆる層のニーズを満たし、若者からお年寄りまで続々と押し寄せるパワースポットと化した。中でも人気なのが、「イオンモール」と「ららぽーと」だ。商業施設の巨大化・進化につれて、そこに集う「イオニスト」「ららぽーたー」が増殖している。
 人々は何に魅せられてショッピングモールに行くのか? 人気ショッピングモールの背景を5日連続で分析する。4日目は、ららぽーたーに漂う「セレブ臭」のナゾを追う。
1日目「地方都市は『ほどほどパラダイス』になった!」はこちら。
2日目「大都市郊外の働く母は『モールと生きる』」はこちら。
3日目「イオニストの先生は、よしもと芸人だった!」はこちら。

 

ららぽーとTOKYO-BAY

ショッピングモールに数回行った程度のモール初級者は、「どこも同じだなあ」と思うかもしれない。だが、いろいろなショッピングモールに何度も行っている中・上級者は、違いがわかる。スーパー系のモールはどうしても“生活臭”があるのに対し、ららぽーとには不思議な“セレブ臭”が漂う。入っているブランドのファッション感度が高く、ららぽーたーは何となくオシャレな雰囲気をまとっている。

このDNAはいつ頃、組み込まれたのか。ららぽーとの歴史と共に解析していく。

34年の歴史を誇る、ららぽーとTOKYO-BAY

ららぽーと1号店は、1981年に千葉県船橋市でオープンした。現在の名称は、ららぽーとTOKYO-BAY。イオンレイクタウンに次ぐ国内2位の規模で、店舗数は約460。

精肉の安さと品質が強みのロピア

開業から34年、増床とリニューアルを重ねてきた。2013年12月、幕張に国内3位の規模となるイオンモール幕張新都心が現れたが、その直前の11月末に、西館をリニューアルオープン。ファミリー向けのニーズに対応して「ポケモンセンター」、デイリーニーズに対応して神奈川を中心に展開するスーパー「ロピア」を誘致した。

フタを開けてみれば、2013年12月の売り上げは過去最高を記録。老舗モールの底力を見せつけた。

その後も絶え間なくリニューアルを続け、今年3月に南館の75店舗を一新、6月には南館の新ゾーンに新ブランド28店舗をオープンして、「日本初出店」「千葉初出店」「ショッピングモール初出店」のブランドを数多く集積した。商業施設内の“衣装替え”が実に目まぐるしい。

ららぽーとTOKYO-BAYの店内
次ページ経年劣化ではなく、経年優化
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。