ららぽーたーに漂う「セレブ臭」のナゾ

イケアをハコ呼びするデベロッパー系の底力

セレクトショップがモールに出店するメリットは?

ユナイテッドアローズ グリーンレーベルリラクシング

では、高感度なブランド側は、どのような目的でショッピングモールに出店するのだろうか。

ユナイテッドアローズは今年25周年を迎える老舗セレクトショップだ。店舗開発部部長の長南貴士さんによると、立ち上げた当初は客層をかなりセグメントし、ブランドロイヤルティを保つために「全国で24店舗まで」という出店の制限をかけていた。その限られた客層が「卒業していく」、あるいは「入り口から入ってこられない」という問題が年々生じてきた。

「卒業していく」客とは、たとえば結婚して子どもができ、財布のひもが固くなった人たちだ。それでも独身時代と同じように高感度な服を着たいというニーズがある。「入り口から入ってこられない」客とは、そもそも店舗数が限られているので接点が少ない。

そこで、「ユナイテッドアローズよりも少しお求めやすい価格のブランドを立ち上げ、より幅広いお客様に認知していただくためにショッピングモールや駅ビルに出店しました」(長南さん)。それが、グリーンレーベルリラクシングである。

ユナイテッドアローズの平均単価は約1万7000円、グリーンレーベルリラクシングは9000円。高感度はそのままに約半値だ。ユナイテッドアローズはメンズとウィメンズのみだが、グリーンレーベルリラクシングは、ファミリー層に向けて、メンズ、ウィメンズ、キッズに分けた。さらに、メンズとウィメンズはスーツやジャケットなどの「ドレス」以外に、新たに「カジュアル」を作った。

「2000年の立ち上げから15年で約60店舗を出店。今や、ユナイテッドアローズの中でいちばんの稼ぎ頭になっています」(長南さん)。

ブランドを卒業した人の受け皿と、ブランドへの入り口を作る。セレクトショップがショッピングモールに出店するのは、こうしたメリットがある。

次ページイケア、コストコ、フォーエバー21と連携して戦う
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ戦争を読み解く
  • コロナショックの大波紋
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手不動産がこぞって参戦<br>「シェアオフィス」ブームの内実

テレワークや働き方改革の浸透で存在感を高めているのが「シェアオフィス」です。大手から中小まで多数の参入が相次いでいますが、目的はさまざま。通常のオフィス賃貸と比べた収益性も事業者で濃淡があり、工夫が必要です。