豊岡市は「命への共感に満ちたまち」を目指す

コウノトリのまちが地味に進めたこと(上)

坂之上:いろいろ重なってしまったのですね。

中貝:台風23号のあのつらさを経験したばかりで、僕の中には苦しい気持ちが強く残っていました。あの時、僕が円山川の堤防を守るために支流の排水ポンプを停止するよう命じて、町中水びたしになったわけですから。堤防が決壊して、お一人の方も亡くなっています。

坂之上:はい。

中貝:二度とあんなことを起こしてはいけない。工事ができないことによって、無防備なままの町に再び被害が出たら、どんな言い訳もできない。それだけは防がなければいけない。そんな気持ちでしたね。

坂之上:素人質問で恥ずかしいのですが、国の予算ってもっと柔軟にできないものなんですか?

中貝:国もね、被災した翌年の2月に、急いでたくさんの予算をつけてくれたんです。でも、それが逆にあだになった、というか。

中貝宗治(なかがいむねはる)
兵庫県豊岡市長
1954年生まれ。京都大学法学部卒業後、兵庫県庁に入庁。1991年兵庫県議会議員に当選、以後3期務める。2001年豊岡市長に就任。2005年に市町合併による新「豊岡市」の市長に就任。現在3期目。「コウノトリも住める豊かな自然環境と文化環境は、人間にとってこそすばらしいものに違いない」という信念のもと、環境をよくする行動によって経済が活性化する“環境と経済の共鳴”の具体例を積み重ねるなど、独自の施策を展開している。

たった2カ月後に4月になって、年度をまたぐことになった。年度をまたぐ事業の繰り越しは原則1回しか認められない。2カ月しかたってなくても、1回は1回。もし年度初めの4月に予算がついていたら、1回の繰り越しでその翌々年の3月末まで、実2年かけられたんですけど。

坂之上:そういうルールなんですね。

中貝:だけど、国も別に嫌がらせでそうしたわけじゃなくて、「あそこは大変だから、とにかく早く予算をつけよう」って、支援の気持ちですぐに手続きしてくれたわけなんです。

坂之上:「補助金の不正受給」って記事が出てしまった時、どう行動されたんですか?

中貝:職員には「絶対にうそをつくな、言い訳するな」と言いました。それから、記者会見をして、ぜんぶ事情を説明しました。ルール違反はルール違反ですから、いっさい言い訳めいた言い方をしませんでした。

坂之上:動機は正しいかもしれないけれども、違法なわけで、マスコミから非難され、叩かれたんですね。

中貝:それは当然のことです。だからどんなペナルティーも受けようと。僕の給料も1カ月全額カットしました。

坂之上:政治家としては汚点がついたわけで、後悔されてますか? 

中貝:いえ。まったく後悔していません。

散髪に行って言われた、「お代をいただけません」

坂之上:その後の、市民のみなさんの反応は?

中貝:給与のカットを発表して何日か経ったころ、散髪に行ったんです。髪を切り終わった後、財布を出して支払いをしようとすると、そこのご主人が首を横に振るわけです。

「え?」って僕がいうと、「あなたからは、お代はいただけません」と。その時は、泣きそうになりました。

次ページ命への共感に満ちた街を作りたい
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ビジネスに効く<br>最強の健康法

現代人の大きな悩みである健康。多忙なビジネスパーソンのため、すぐに実践でき即効性がある健康法を厳選。糖質制限簡易版に加え「ゾンビ体操」「これだけ体操」を大きなイラスト入りで紹介。健康経営、健康ビジネスに踏み出す企業も満載。