豊岡市は「命への共感に満ちたまち」を目指す

コウノトリのまちが地味に進めたこと(上)

豊岡市の位置(ウィキペディアより)

坂之上:中貝さん、「いのちへの共感に満ちたまちづくり条例」という条例って、どんなものなのですか?

中貝:きっかけはDV(ドメスティックバイオレンス)に関する女性議員の質問と、一部の地域であった部落差別の歴史でした。

坂之上:具体的には?

中貝:僕は人権という言葉があまり好きじゃないんです。「人権というものは憲法が定めた権利で、人類普遍の権利で……」っていったところで、その時はわかったようにフンフン聞くかもしれないけれど、だからって、それはハートには響いてませんよね。

坂之上:難しい言葉はハートに響きにくいですよね。

中貝:僕の命はたった一つだから、僕にとってすごく大切なものです。だから、あなたの隣にいる他者の命だって、本人にとってすごく大切なんです。隣にある命に対して、なんていうか、尊敬の気持ちというか尊重の気持ちが、人々の心の底から出てきてほしいなと思いました。

人の命は統計上の「数字」じゃない

中貝:ちょうどこの条例を検討していた時に東日本大震災が起きました。あの時、たぶんみんな、命について思ったはずなんです。あの人が、お母さんが、子どもが死んでしまった。大勢の人が泣き叫んでいる。あの時ほど人の命に対して、日本中の人が思いを寄せたことは、近年なかったはずです。

人の命や死というのは、統計上の数字なんかじゃないんです。お一人お一人に名前があって、お一人お一人に人生があったわけです。

坂之上:ひとり、ひとり。

中貝:はい。その命への共感を、まちづくりの一番の基礎、このまちの哲学として、条例という形でまとめて、豊岡の土台に据えたいと思いました。命への共感に満ちたまちを作りたいと。

坂之上:市民の気持ちの土台として?

中貝:はい。でも、これすごく地味なんですよね。この条例でなにが変わるのかって言われたら、目に見えて違ってくるわけではない。

坂之上:でも、そういう気持ちの土台が、条例として町にあるのとないのとでは、たぶん何かが、大きく違うんじゃないかって、お話を聞いていて強く感じました。

(構成、撮影:石川香苗子)

※ 後編は10月13日(月)に掲載します。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。