HowよりWhyを聞くほうが話を引き出しやすい訳

インタビューのプロが明かす専門家取材の流儀

たとえ専門的知識がなくても恐れる必要はありません(写真:YUJI/PIXTA)
コミュニケーションがうまくいかない場合、人はネガティブな側面に目を向けがちです。「英語がうまく話せないから」。「その分野での知識がなかったから」。果たして本当にそうでしょうか? 
プロのインタビュアーは、さまざまな分野の人に日々取材をしています。そしてたとえ英語が話せなくても、その分野に精通していなくても、相手の話を引き出すことができるのです。ではその秘訣とは、なにか?
上阪徹氏の著書『引き出す力――相手が思わず話してしまうひとつ上の「聞く力」』から紹介します。
前々回:苦手な相手からうまく話を引き出せる人のスゴ技(1月1日配信)
前回:3000人超を取材した男の「話の引き出し方」絶妙技(1月8日配信)

英語を話す人への取材は英語でなくてもできる

英語はまるっきりできない私ですが、外国人のインタビューも数々、行ってきました。質問は日本語で、通訳に入ってもらい、インタビューを進めていくのです。

印象に残っている取材にスターバックスの実質的な創業者で元CEO、ハワード・シュルツさんのインタビューがあります。大物だけに、ついてくださったのは同時通訳。片耳に引っかけるヘッドフォンを渡され、逐次通訳が行われる。テレビの中継などで耳にすることがある、まさにあれです。

本来であれば、英語ができて、英語でインタビューするのが相手も心地よいことなのか、とも想像していたのですが、案外そうでもないようです。私は日本人に向かうように、顔を見ながら日本語で語りかけますが、十分にいいインタビューができます。

ハワード・シュルツさんのときも、ポンポンとどんどんインタビューを続けていったのですが、なんと終わった後、この言葉とともに、握手を求められたのです。

「いいインタビューだった。シアトルで会おう」

リップサービスかな、と思っていたのですが、実際に私はこの後、シアトルでも彼にインタビューすることになります。スターバックス本社、さらにはイチロー選手のグッズが飾ってある執務室を見せてもらえたことは、とてもいい思い出です。

次ページ日本人は「How」が好き?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT