パナソニック社員が「スナック」で語り合った夜

新たな形でコミュニケーション促進にトライ

パナソニックが参加した「オフィススナック」での1コマ(写真:パナソニック提供)

コロナ禍でテレワークが定着し、社員のコミュニケーション不足やエンゲージメントの低下が問題視されている。そんな中、パナソニックがスナックのママを招いてオンラインでスナック体験をするというイベントを開催した。

主催したのは、働き方改革の一環として、パナソニック イノベーション推進部門内に2020年4月に発足したワークスタイル改革プロジェクト「PLAY with」。残業時間を減らしたり、休みを取ったりすることは働き方改革の本質的ではなく、「仕事自身を楽しくすることが真の働き方改革」という理念のもと設立され、さまざまな活動を行っている。

発足からすぐに新型コロナウイルスの影響を受けたため、活動はすべてオンライン。CTOと対話する企画や、現場のメンバーによるパネルディスカッション、ガンバ大阪のチアリーダーによる体操のレッスンや、オンラインフリーペーパーの発行などを定期的に行ってきた。

抱えていたコミュニケーションの「課題」

「コロナ前から『コミュニケーションが内向きになっている』『もっとユーザー起点でものごとを考えるべきではないか』という課題を抱えていました」と、PLAY withのプロジェクトリーダーを務める福井崇之氏は語る。

「イノベーションを生みだすために『内向きよりも外向きのコミュニケーション』をめざし、さまざまなイベントを企画。固いワークセミナーなどではなく、内容は充実させつつも楽しくおもしろいものを、と考えたときに、ざっくばらんに会話を楽しめるスナックはまさにPLAY withの精神に合致。そこで、まずは社内スナックを試してみたんです」

そこで、社員による社内スナック「PLAY with スナック1時間」をオンラインで5〜6回開催したが、参加者は多くて10人、少ないときは数人のことも。会話もなかなか弾まない。行き詰まっていたときに、コロナ禍で発足したスナックのママと客をオンラインでつなぐ「オンラインスナック横丁」の存在を知り、PLAY withの一部のメンバーが「BAR清水」にオンラインで来店。

全員スナック初心者だったが、恵美子ママのホスピタリティーの高さと終了後の感謝のメールなどに感動したという。

次ページメーカーの技術者にはないママの技
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT