「人力車に人生を変えられた」38歳芸人の紆余曲折

犬山市が観光都市として復活できた意外な理由

小鈴木が運転する人力車は犬山城の入り口を起点に城下町を走る(写真:筆者撮影)
東京や大阪で成功するだけが人生ではない。それは芸人の世界でも同じだ。都会で売れるという目標を捨て、あえて地方での活躍を目指した「よしもと住みます芸人」たちに密着する本連載。
第2回では、愛知県犬山市で「お笑い人力車」を走らせる芸人の小鈴木(こすずき)を追った。なぜ吉本興業と犬山市は手を組み、芸人たちに人力車を曳かせることにしたのか? 執筆者はルポライターの西岡研介氏。前回の記事はこちら

2度目の緊急事態宣言が解除された2021年4月、観光客が戻ってきた犬山城(愛知県犬山市)下のメインストリートを、「お笑い人力車」が軽快に走る。

客が2人乗れば、総重量が200キロを超えるといわれる人力車を曳くのは、身長155.5センチと小柄ながら、引き締まった体を赤い法被に包んだ「愛知県住みます芸人」の「小鈴木」(38)だ。

お笑い芸人がなぜ「人力車」を?

料金は、15分のショートコースで1人=1000円と、浅草や京都で目にするそれと比べても格安だ。また乗車中、片時も飽きさせず、随所に笑いを挟んでくるしゃべりはさすが「芸人」である。

「国宝のお城のある城下町で、国の重要無形文化財に指定されているお祭り(犬山祭)が行われるのは日本でも犬山だけなんです」

地元、犬山出身だけあって、また相当、勉強もしたのだろう。犬山城や城下町の案内は、まさに立て板に水の如し、だ。

2011年に始まった吉本興業の「47都道府県 あなたの街に“住みます”プロジェクト」。同プロジェクトが、全国の自治体から注目されるきっかけとなったのが、この「犬山お笑い人力車」だった。

プロジェクト開始当初、各地から寄せられた376件の提案の中から第1弾に選ばれた犬山お笑い人力車は2011年8月にスタート。初代愛知県住みます芸人となった「サムタイムズ」(2017年に解散)が犬山市に移り住み、車夫や「お笑いお城ガイド」を務めた。

すると、スタート時は2万人台だった犬山城の入場者数が、翌月には過去10年で初めて3万人を突破。10月には4万人を超え、年間入場者数が19年ぶりに40万人を突破した12月には、中日新聞が夕刊1面で「サムタイムズ効果」と報じた。

だが、犬山城や城下町が、観光地としてブレイクする素地はあった。

犬山市観光協会によると、観光客数の目安となる犬山城の入場者数は、1992年を最後に40万人を下回り続け、2001年、2003年には20万人を切っていた。

次ページ犬山市を観光都市として復活させたある男の尽力
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT