宮迫博之「解散報告会」で見せた3つの大きなズレ 相方・芸人仲間達との関係はもはや修復不可能

拡大
縮小
『アメトーーク 特別編 雨上がり決死隊解散報告会』で見えた宮迫博之のズレとは?(写真:宮迫博之公式You Tubeチャンネル「宮迫ですッ!【宮迫博之】」より)

8月17日、宮迫博之と蛍原徹のお笑いコンビ・雨上がり決死隊の解散が発表された。同日にABEMAと吉本興業のYouTube公式チャンネルで配信された『アメトーーク 特別編 雨上がり決死隊解散報告会』では、ゲストの芸人たちに見守られながら、2人が解散に至った経緯を赤裸々に語っていた。

配信動画が進んでいく中で徐々に浮き彫りになったのは、宮迫と周囲の人々の間にある致命的な3つの「ズレ」である。宮迫の現状認識とほかの人たちの捉え方の間には溝があった。その溝がもはや修復不可能なほど深いものであることが、約2時間の動画を通して明らかになっていた。

1つ目は「コンビの関係性の捉え方」のズレ

1つは、相方の蛍原との間で現在の「コンビの関係性」をどう捉えているか、ということに関するズレである。2人が語ったところによると、解散を切り出したのは蛍原のほうだった。闇営業問題を引き起こした宮迫が謹慎に入ってから、蛍原は彼の復帰を待ち続けていた。宮迫はいつかコンビとしてテレビに戻りたいと語っていたし、蛍原もそれを信じていた。

だが、宮迫は突然、個人としてYouTubeでの活動を始めた。このことに関して蛍原への事前の相談はなかったという。また、始めたタイミングにも問題があった。宮迫と共に闇営業問題で謹慎処分となっていたロンドンブーツ1号2号の田村亮は、相方の田村淳と共に記者会見を開いていた。その会見の前日に宮迫のYouTubeチャンネルが開設されたのだ。なぜそんなタイミングでYouTubeを始めたのか。そのことにも蛍原は疑問を持っていた。

その後、宮迫のYouTubeチャンネルには、さまざまな芸人がゲストとして出演した。蛍原とのコンビ活動を再開する前に、ほかの芸人との活動を始めたこと。そして、そこに出る芸人たちが、一様に蛍原に対して気を遣い、気まずそうにしていたこと。それらの事実も蛍原を悩ませていた。

宮迫は自身のYouTubeチャンネルでも「いつか相方と並んでテレビに戻りたい」と夢を語っていた。だが、人間の本心は言葉よりも行動に表れる。宮迫が、本当に雨上がり決死隊というコンビを大事にしていて、蛍原という相方を最優先に考えていたのなら、一切の相談もなく個人でYouTubeを始めるという行動に出ただろうか。

次ページ「蛍原をないがしろにしてきた」と思われても仕方がない
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT