ほぼ無職の芸人が震災機に「福島移住」した深い訳

ぺんぎんナッツが福島で見た「希望と義理人情」

なぜ無職同然だったぺんぎんナッツが「福島のタレント」として認められたのか? 写真左がボケ担当のいなのこうすけ氏、右がツッコミ担当の中村陽介氏(写真:よしもと住みます芸人47webより)
東京や大阪で成功するだけが人生ではない。それは芸人の世界でも同じだ。都会で売れるという目標を捨て、あえて地方での活躍を目指した「よしもと住みます芸人」たちに密着する本連載。
第1回では、震災後の福島に10年住み、今では県民の多くから愛される「ぺんぎんナッツ」を追った。移住するまで“ほぼ無職同然”だった2人がなぜ縁もゆかりもない土地でレギュラー番組を獲得し、今では「福島のタレント」としての地位を確立できたのか? 執筆者はルポライターの西岡研介氏。

「すっかり遅くなっちゃいましたね」
「さすがにこの時間じゃ、もう待ってくれては……いないよねぇ」
「こりゃ、今晩は野宿ですかね」
「いなのさんは、慣れてるでしょ」

2011年4月27日午後9時過ぎ、福島県郡山市に向かう車内で、「ぺんぎんナッツ」の2人は、こんな軽口を叩き合っていた。

この日、吉本興業東京本部(東京都新宿区)での「出発式」を終えた2人は、知人の車で、郡山を目指していた。その日の夕方には着く予定だったが、途中、いくつかの寄り道が災いし、待ち合わせ場所のJR郡山駅前に着いたころには午後10時を回っていた。

「福島県住みます芸人」としての再出発

「『住みます芸人』に決まった時に、まずは郡山で家、探さなきゃってなって。僕ら2人とも地元(福島)出身じゃないんで。それで地元の不動産屋さんに『僕たちこういう理由で、福島に住むことになったんです』って連絡したら、『家がない』って」

こう話すのは、ツッコミ担当の中村陽介(39)だ。

当時、郡山では、東日本大震災と、東京電力福島第一原発の事故で大きな被害を受けた、富岡町など双葉郡の住民の多くが、避難生活を送っていた。また、被災者のための「民間借り上げ住宅」の影響もあり、市内の賃貸住宅の供給が逼迫していた。

「けど、その不動産屋さんの人がめちゃいい人で。『そういう事情で、福島に住んでくれるのなら、なんとか探します』って、震災で半壊したお店だったんですけど、探してきてくれて。家賃もめちゃ安くしてくれて」

中村の回想を、相方で、ボケ担当のいなのこうすけ(42)が引き取る。

「その鍵渡しの日が、『出発式』の当日だったんです。郡山駅に着いた時にはもう(午後)10時過ぎてて。不動産屋さんもさすがに待ってくれてはないだろうと諦めてたら、待ってくれていて。家に案内してくれて、『頑張って下さい』って励まされて……。いやいや、僕ら『お笑い』しかできませんからって」

こうして、「福島県住みます芸人」としてのスタートを切ったぺんぎんナッツの二人は今、その「地元の不動産屋さん」のイメージキャラクターとしてCMに出演。郡山駅前には、2人が並ぶ同社の大きな看板が掲げられている。

次ページ縁もゆかりもない福島に、なぜ?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT