ナイツ塙「今の芸人がSNSで炎上繰り返す理由」

「理論しか学べない」お笑い養成所の弱点

インタビュー後編は「上沼恵美子さんに対する暴言騒動」「理想のお笑い」などについてうかがいました(写真:ヒダキトモコ)
新書『言い訳~関東芸人はなぜM-1で勝てないのか~』が、お笑い関連書籍では、異例のヒットを飛ばしているナイツの塙宣之さんのインタビュー後編。2018年の『M-1グランプリ』で、話題を集めた「上沼恵美子さんに対する暴言騒動」を塙さんはどう見たのか? 塙さんが目指す「理想のお笑い」と併せてうかがいました。

ナイツ塙は「昨年の騒動」をどう見た?

――昨年の『M-1』では、上沼恵美子さんに対する芸人の暴言騒動が話題になっていましたが、塙さんは審査員の1人としてあの件をどういうふうに見ていたんでしょうか?

なるほど。まあ、何個かあるんですけど、1つはSNSっていうのが芸人とは相性があまりよくないのかな、とは思いますよね。別にカメラさえ回ってなかったらああいうことはみんな言うだろうし、本人はそんなに悪気もないし、たぶんちょっとボケみたいな感じだったと思うから。

あと、今のお笑いを作ってくれた上沼さん、島田紳助さん、オール阪神・巨人師匠、中田カウス・ボタン師匠などの方々と、最近の芸人の違いは師匠がいるかどうかだと思うんです。だから、もしかしたらその緊張感がないのかもしれないですよね。それってお笑いの学校ができたことの弊害なのかなと。

学校ではお笑いの理論だけは教えることはできるけど、人としてこうしなきゃいけないっていうこととかを教える人がいなくなっているんでしょうね。

――師匠がいたらああいう事態にはならなかったかもしれない、ということですか。

というか、もし師匠がいたら、師匠がめっちゃキレたりして終わりの話なんですよ。師匠がいないから事務所が謝んなきゃいけなかったりするんですよね。昔はそこに師匠がいて、最後にケツを拭く人がいたわけじゃないですか。それが今はもうない、っていうのがちょっとあるのかもしれないですよね。

――若い芸人も師匠を持ったほうがいいかもしれない、ということですね。

いいのかもしれないですね。格好いい言い方をすれば、昔はロマンみたいなことがもっとあったんですよ。売れたい、みたいな。だけど今の若いやつに話を聞いていると「売れたい」っていうよりも「こうやったらお金が儲かる」とか「YouTubeやろう」とか「オンラインサロンやろう」とか、そういうのばっかりだから。お笑い芸人ってそんなこと考えてたっけ、と思って。俺はそういうのにまったく興味がなくて。携帯もガラケーですし。

次ページ師匠がいることの「ありがたみ」とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当に強い大学
  • コロナショックの大波紋
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。