ナイツ塙「今の芸人がSNSで炎上繰り返す理由」

「理論しか学べない」お笑い養成所の弱点

――確かに、テレビを見ていても、場の空気にそぐわないようなボケを言うと、ツッコまれるというより、潰されちゃいますよね。

潰されるんですよ。あと、バラエティー番組だったら、もうVTRがボケているわけですよ。だから芸人がボケられないんです。『水曜日のダウンタウン』(TBS系)がいい例で、あれってVTRが一番面白いわけですよ。それに対してのボケってないじゃないですか。

だから、ツッコミしか必要ないわけですよ。要するに、作家とかディレクターとか作る人のほうが面白くなっちゃってる。だからたぶん、ボケの人が作る側に回るほうがいいんじゃないかなと思うんですよ。

――なるほど。

演者としてはもうボケは必要とされてないんだと思いますよ。俺なんかも結局そうじゃないですか。考えるのは好きだけど、やるほうはあまり好きじゃないから。

――そうなんですね。

だって、やるときにうまみがないじゃないですか。ボケってどっちかって言うとやらせるほうでしょ? だから、藤井健太郎さん(『水曜日のダウンタウン』などを手がけるTBSの演出・プロデューサー)が一番のボケじゃないですか。あの人の作るものが面白いから、それ以上にもうボケられないでしょ。でも、松本さんはそこでさらに面白いことを言って終わるからすごいと思いますけどね。

ナイツ塙の野望

――ボケ不遇のこの状況は今後変わる可能性はあると思いますか?

あまりないと思います。だから、僕みたいなタイプはもうずっと漫才をやるのがいいのか、あとは自分でなんかそういうちょっと訳わからない番組をできればいいんじゃないですかね。そういうのも松本さんが全部やってきているんですよね。『働くおっさん劇場』(フジテレビ系)ってあったじゃないですか。5人くらいの訳わからないおじさんがいて、松本さんがずっとインタビューするやつです。

――はい、あれは面白いですね。めちゃくちゃ好きでした。

『言い訳~関東芸人はなぜM-1で勝てないのか~』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

僕はああいうのをやりたいんです。僕が向いているのはああいうのでしょうね。だから今、それに近いことを浅草の師匠でやっているんですよ。(内海)桂子師匠に「おい、ババア」って言ったりとか、そういうのは僕にしかできないじゃないですか。

――なるほど。おぼん・こぼん師匠の不仲をネタにしたりするのもそうですよね。

ああいう切り口とかはあるかもしれないですね。

――じゃあ、塙さんとしては、自分のボケとしての体質を生かせる番組や企画をやりたいという野望はあるわけですね。

そうですね、もちろんあります。今も別に割と幸せに生きているので、なんかあったらいいな、っていうくらいですけど。ちょっと下ネタとか、エロい番組でもいいし、自分が面白いと思うことをやりたいですね。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT