フロントも名札もない超個性派ホテルが見参

虎ノ門ヒルズに陣取った「アンダーズ 東京」

――どんな客層の方が多いのですか。

理想は国籍、世代を超えた顧客層。国内外の方、それからいろいろな世代の方、あとはビジネスとレジャーというように、いろいろな意味でミックスがあると思う。ただ、まだ完全に混じり合った状況ではなく、今多くいらして下さっているのは日本人の方だ。

もともと、地元に根付いて地域から啓発されるのが、このホテルのコンセプト。そういった方たちをもともとお迎えしたいと思っていたので、とてもありがたいことだ。みなさん、「アンダーズ タヴァン」などを利用して下さっている。

52階のルーフトップバー(会社提供)

一方で、ここ数日を見ていると、すごく国外のお客様が増えている。7~8月はホリデーなので、主にレジャー目的として、香港やフランス、米国の方が多くいらしている。9月以降はさらにインターナショナルな顧客が増えていくものと考えている。

その意味で、アンダーズは本当にいろいろなことが交差するポイント、場所であるし、そういったことが少しずつ起きていると思う。

――交差ポイントと言えば、この虎ノ門ヒルズの下は道路が走っていますが、気になりはしませんか。

虎ノ門ヒルズは最先端が詰まっている

いいえ、まったく。ビルはとてもモダンな建物で非常に快適であり、いろいろな最先端のものが詰まったビルなので、すばらしいと思っている。

特にルーフトップ(最上階)がすばらしい。昨日も行ってみたが、気温が28~29度はあったと思うが、すごく心地よい風が入ってきて、気持ちよかった。

平日の水・木・金・土曜には、バーで生演奏がある。午後5時から営業しているので、ぜひいらして下さい。

次ページキーワードは「リラックス」と「地域」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 溺愛されるのにはワケがある
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大学 シン・序列<br>コロナ後に変わる名門校の条件

コロナショックを受けて、大学をめぐる環境は急変。授業のオンライン化、学生の経済的困窮など、解決するべき課題は山積しています。大学はどのように変わるのか。50ページにわたる特集で最高学府の近未来を探りました。