オークラはなぜ今、建て替えを決めたのか

背中を押したのは東京五輪だけではなかった

ホテルオークラ東京の本館は来年8月末で閉館、建て替え工事に入る(撮影:風間仁一郎)

長年の懸案だった本館の建て替えについに着手する。ホテルオークラ東京は5月23日、2015年8月末で現在の本館を閉館し、建て替え工事に入ると発表した。新しい本館は2019年春に開業予定。東京オリンピックに先駆けて1962年に開業したオークラは、50年余りを経て、再び2020年の東京オリンピックに向けて装いを新たに、日本のおもてなしを世界にアピールする。

総事業費は約1000億円。東京都港区の敷地内にある本館のみを建て替え、別館は営業を続ける。本館で人気のレストラン9店のうち、山里、久兵衛、桃花林など5店は別館に移転して営業を継続する。

2棟建ての高層ビルに

新ビルは高層化して2棟建てとなる。高さ85メートルの低層13階建ては基本的にホテルで、同195メートルの高層38階建ては高層23~38階がホテル、下層部分にオフィステナントが入居する。高層棟の最上階にはチャペルを設置する。247メートルの虎ノ門ヒルズに入居するアンダーズ東京の天空のチャペルには及ばないが、都内有数の高層結婚式場となる。

地下は6階建てで、2棟は地下でつながっている。地下には大宴会場を設け、より大型のイベントにも対応する。国内最大のホテルニューオータニの宴会場より広くなるとみられる。細かい設計はこれからだが、建築は大株主の大成建設、鹿島が主軸となるはずだ。

現在の本館の客室数は408。建て替え後は550室となり、約35%増える。客室面積も30~33平方メートル主体の現在から、48~56平方メートルへと広くなり、外資系ラグジュアリーホテルにも引けを取らなくなる。ホテルの敷地2万6200平方メートルの約半分は緑地として整備され、現在のオークラ公園より大きくなる。

次ページ建て替えは長年の課題だった
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。